英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

ヘルニア(脱腸)について(一般者向け)

昔から脱腸(だっちょう)と呼ばれているヘルニア(鼠径ヘルニア)は足の付け根(股間部)が膨らむ疾患です。薬物療法はなく、手術でしか治療は望めません。また放置しておくと、大きくなってしまったり、血流障害を起こしてしまう嵌頓(かんとん)状態になって緊急手術になったりします。
 
もしヘルニアかなと思ったら、ぜひ早めに当院外科を受診してください。ここでは脱腸(鼠径ヘルニア)について説明します。まず脱腸の原因について説明します。

 
ヘルニア(脱腸)の症状について                                                  
立ち上がったり、お腹に力を入れると足の付け根(鼠径部)が膨らむことがある。男性の場合は大きなものでは陰嚢まで膨れることがあります。
・立位で膨らむのが明らかで寝ているときは、膨らまないことがある。
・時に引っ張られような痛みを感じる。
・ヘルニアが嵌頓(かんとん)した場合には徐々に痛みが強くなり、膨らみもかたくなって戻らなくなります。 

ヘルニア(脱腸)の種類について
 足の付け根(鼠径部)には通常、3か所ほど脱腸を起こす穴があります。その出る場所によって、外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアといわれています。出る場所によって特徴があります。
・外鼠径(間接)ヘルニア:
 脱腸の中で、一番頻度が多いヘルニアです。右側に多く見られます。内鼠径輪という穴を通り出てきます。
・内鼠径(直接)ヘルニア:
 内鼠径輪を通らずに直接出っ張るヘルニアです。
高齢者に多く見られます。
・大腿ヘルニア:
 高齢者の女性に多く見られます。大腿ヘルニアは嵌頓(かんとん)を起こしやすいヘルニアです。嵌頓とは脱腸してしまった腸管が戻らなくなってしまった状態です。放っておくと血流障害がおきて緊急手術をしなくてはいけない場合が起こります。

 

 

ヘルニアの手術について
 
ヘルニアの手術は穴を確認して、出ている腸管を戻して、その穴を閉鎖して補強するのが基本です。以前は周辺の組織を寄せて補強をしていたのですが、もともと組織が弱くなった部分なので補強をするには適しておらず、そのため再発する危険性も高いです。また周辺の組織を寄せてくるため突っ張り感を感じやすくなります。
 
そこで最近では人工の補強シート(メッシュ)を使って修復する手術が主流になっています。突っ張り感がなくなり、再発率も低下しています。(子供のヘルニアの手術では周辺の組織が強く、また成長することもあるのでメッシュを使用しないのが普通です。)
 
人工補強シートは様々な種類が開発されています。補強シートは異物であるため、若干の違和感を訴えます。そのため、当院ではヘルニアの大きさに合わせて3種類の人工補強シートを用意しています。各個人に合ったシートを用いるように心がけています。

 

 

 

 

脱腸については以下の冊子も参照にして下さい。

ここをクリックで開きます  ⇒ ヘルニア患者さん向け冊子