英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

肛門疾患(一般者向け)

<おしりの病気>

おしりの病気は様々で専門家以外の医師が診察しても正確な診断、治療が難しいのが現状です。
自己判断で市販のくすりを使用してもなおらず、病院を受診したところ別の病気が見つかる方もいらっしゃいます。
まずは診察を受けてみてください。一緒によりよい治療について相談しましょう。

1、痔核(いぼ痔)

(ア)  内痔核:

内痔核は痛みを感じる神経の無いおしりの内側にできるため初めは痛くありません。便をするときの痛みの無い真っ赤な出血が特徴的です(I度)。進行してくると排便時に外側に飛び出してきて違和感を伴うようになりますが、排便後には自然に内側に戻っていきます(II度)。その後、自然に内側に戻っていかなくなり指で押し戻す必要が出てきます(III度)。さらに病状が進むと外側に飛び出してしまったまま戻らなくなります(IV度)。 治療はI、II度の内痔核に対しては軟膏、座薬や飲み薬が治療の中心となります。
III、IV度の内痔核に対してはそれらに加えて手術が必要になることもあります。

Ⅰ. 外来で治療する方法

①保存療法:軟膏、座剤、便秘の治療など。軽度の内痔核はこれらの治療によって良くなります。
②ゴム結紮療法:出血などに対しておこないます。比較的簡単に行えますが高率に再発します。

II. 入院で治療する方法

以下の治療に関しては当院では入院にて施行しております。
麻酔は全身麻酔、腰椎麻酔いずれの選択も可能です。
一般的には手術前日に入院していただき1週間程度の入院期間を要します。
状況により入院期間の短縮は可能です。
①ALTA療法:痔核内にジオン(硫酸アルミニウムカリウム/タンニン酸)を注入する方法です。近年本邦に導入され良好な成績が報告されています。従来の手術に比較して痛みが少ないのが特徴です。
②LE(結紮切除術): ミリガンモルガン法を中心に施行しています。これまでに行ってきた手術数が多く長年の経験が蓄積されているため確実性に優れます。

(イ)  外痔核:

外痔核は内痔核よりもおしりの出口により近い部分にできます。この部分には神経が走っているため痛みを感じることがあります。急にできたもの(血栓性外痔核)は突然に強い痛みがあり血豆のような腫れができます。痛みがとても強い場合には局所麻酔で外来手術をすることで、痛みが劇的に改善することがあります。

2、裂肛(きれ痔):

裂肛は排便時におしりの穴が広げられた際に力がかかり裂けることで生じます。繰り返すことでおしりの穴が狭くなりさらに裂け易くなる悪循環が起こります。大体の場合は軟膏や座薬を使い便秘をコントロールすることで良くなります。ひどい場合には入院手術で治療します。

3、痔瘻(あな痔):

肛門周囲膿瘍:肛門周囲膿瘍とはおしりの穴の周りの皮膚の下にうみがたまった状態を言います。痛みと腫れを伴い場合によっては熱が出ます。多くの場合はおしりの内側から細菌が入りそれが広がったものです。座薬や内服薬のみでは治らないことが多く、早急に受診していただき外来でうみを外に出す処置が必要です。その後あとで述べる痔瘻になることも多く、しばらくしてから入院での手術が必要となる可能性があります。
痔瘻とはおしりの内側と外側の皮膚にトンネルができた状態です。おしりの周りからうみや粘液がしみだすようであれば入院手術で改善が見込めます。

以上代表的なおしりの病気を挙げましたが、他にも様々な病気がありますのでご相談ください。

文責 消化器病センター外科部長
逢坂由昭