本文へ移動
# # #

私たちは、心の通った温もりを感じる医療を目指します。

当院は全国土木建築国民健康保険組合の直営病院として、同組合被保険者ならびに地域の人々の健康と福祉に貢献することを目的に昭和34年5月に設立されました。その後、当地域の再開発に伴い平成4年6月に隣接する現在の場所に移転し、急性期病院として開院して現在に至っております。

私たち職員は、病院の掲げた理念を実践するために、健全な経営と安全で質の高い急性期の地域中核病院を創造することを基本方針として、その機能の充実に努めております。また、厚生労働省より基幹型臨床研修病院の指定を受け、若き医師の育成にも携わっております。

ご挨拶

お知らせ

ご案内

看護部のご紹介

厚生中央病院 看護部は、看護部理念を基本とし地域の高齢者の生活を支えることをテーマに日々看護実践を行っております。そして地域と病院をつなぐ役割を果たすため地域連携広報室が活動しております。

詳細を見る

臨床研修医プログラムのご案内

医師としての社会的役割を認識し、プライマリ・ケアの基本的診療能力を身に付けるために必要とされる各診療科にて研修を行います。

詳細を見る