英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

健康管理センター

★レディースドック・レディースがん検診初回受診価格実施中 ⇒ 詳しくはこちらをクリック

 

健康管理センター基本方針

1.技術、知識の向上に努め検査の精度を管理し、受健者から信頼される健診を目指します。
2.疾病の早期発見、早期治療を支援し受健者の健康の保持増進に努めます。
3.快適な環境を提供し、安心と満足を実感していただける健診を目指します。
4.受健者の個人情報とプライバシーの保護に努めます。

受健者様の権利

1.良質な健診を公平、平等に受ける権利があります。
2.健診内容について、ご自身の情報を知る権利、または説明を受ける権利があります。
3.個人情報及びプライバシーが守られる権利があります。
4.診療情報の開示を求める権利があります。
5.受健者様は、人格や価値観を尊重される権利があります。

検診のご案内

 病気は自覚症状のないまま進行している場合があります。そのまま病気に気づかないと突然倒れてしまうことも考えられます。しかし、現在の医療の発達により早期に治療すれば完治も可能ですので、定期的にお体のチェックをお勧めします。

ご自分のためだけでなく、ご家族のためにも自身のお体を気遣ってください。
そんな貴方の健康を当健康管理センターはサポートします。

 

健康管理センターの特徴

1.医師による内科診察時に、当日診断可能な範囲の検査結果を説明します。
2.スタンダードな人間ドックであれば2~3時間で検査が終了します。また、土曜日も人間ドックを実施していますので、
お忙しい方にもご利用いただけます。
3.レディースドック・レディースがん検診では女性医師と女性技師が対応します。また、女性専用の日になっていますので
男性受診者の目を気にすることなくリラックスして受診いただけます。
※胃カメラは男性医師が対応する場合があります。
4.異常所見が見つかった場合は、当院の各種専門診療科で治療が受けられます。
5.人間ドックの検査結果は、すべてコンピューターにより管理保存しており、過去のデータとの比較ができますので、その
後のフォローもスムーズです。

 

当院で行われている研究開発について

 当院は、撮像された画像データを元に、医師による画像診断の精度を統計的に分析・学習するための画像解析機械学習システムの研究開発に協力しています。医師による診断技術の一層の改善のために、この研究開発への参加(研究開発に対する情報提供)を皆様にお願いしています。なお、画像データなどの個人情報は匿名化された上で使用され、個人が特定される情報を使用することはありません。
 研究の対象に該当すると思われた方で、ご自身の診療情報等が利用されることを望まれない場合は、下記問い合わせ窓口までお知らせください。
 研究への参加に同意されない場合でも、診療上で不利益になることはなく、診療は通常と全く同じように行われます。この研究は撮像済みの画像に関するものであり、研究参加によって直接の健康被害が発生することはありません。

研究開発題名

医師による画像診断の精度を統計的に分析・学習するための画像解析機械学習システムの研究開発

研究開発責任者

総合病院 厚生中央病院 若林ゆかり

共同研究者

エルピクセル株式会社 島原佑基

研究対象者

2018年1月11日から当院において、マンモグラフィ―撮影を受けられた方

研究開発に使用する情報およびその取り扱い

 当院で撮像された画像および該当患者のカルテ情報(診断名、年齢、性別、身体所見)画像・カルテ情報をこの研究開発に使用する際には、個人が特定できる情報は切り離し(匿名化した)上で研究開発用の番号を付けて取り扱います。また、研究成果を学会や学術雑誌で発表される可能性がありますが、患者さん個人を特定できる個人情報は含みません。

情報の提供先

エルピクセル株式会社
東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル6F

知的財産権について

 本研究開発の過程で特許などの知的財産権が生じる可能性があります。この場合、知的財産権は研究開発組織及び研究開発者に属し、研究参加者の皆様に帰属することはございません。ご了承ください。

問い合わせ窓口

〒153-8581  東京都目黒区三田1-11-7
全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院
電話:03-3713-2141
担当:医事課