英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア (ようつい ついかんばん へるにあ)

1)  病態
 
椎間板は椎体と椎体の間にありクッションの役目をする弾力性のある組織です。中央の柔らかい髄核と周りを囲む丈夫な線維輪の二重構造になっていますが、線維輪の亀裂から髄核が後ろに脱出して神経根を圧迫するようになったものが椎間板ヘルニアです。 腰痛と圧迫された神経根の支配領域の痛み、しびれ感が主な症状ですが、圧迫が強いと足首や足指の運動麻痺を来たすことがあります。

2)  MRI (矢状面断層: 体を縦に切って断面を横から見た画像)

3)  MRI (横断面像)

4)   神経根知覚支配領域 (しびれの場所:若干個人差があります)
)  手術法
(1)経皮的髄核摘出術(Percutaneous Nucleotomy: PN)
 
腰の皮膚を1cmほど切開し、金属の管を椎間板の中央まで入れて髄核を摘出する方法です(図)。ヘルニアを摘出せず、椎間板の内圧を下げることで神経の圧迫の軽減を期待します。40歳以下の若い人が対象となりますが、再手術の方やヘルニアが脱出して移動したタイプには適応されません。局所麻酔で行うため、日帰りか数日の入院で済み、保険が適用されて決められた額の自己負担で受けられます。効果については70%の人に何らかの改善があると報告されています。
(2)Love法
 
腰部の皮膚を5cmほど縦に切開して椎間板ヘルニアを切除する方法です。ヘルニアを直接切除して神経の圧迫を取り除くので下肢痛の改善が良く、古くから椎間板ヘルニアの標準的な手術方法として広く行われています。全身麻酔で行われ、良好な視野を得るために骨の一部を削る場合もあります。術後2~3日で歩行を開始し10日から2週間ほどで退院になります。 最近では従来のLove法よりも小さな手術創や、神経を愛護的に扱うことを目指して顕微鏡視下椎間板ヘルニア切除術(Micro Love法)も行われるようになってきました。いずれも保険が適用され、一定額の自己負担で手術を受けることができます。

(3)内視鏡椎間板切除術(MicroEndoscopic Discectomy: MED)
 
直径16mmの内視鏡を通して椎間板ヘルニアを切除する方法です(図)。手術創が2cm程度と小さいことが特徴で、筋肉への侵襲や術後疼痛も少ないとされています。Love法と比較した多くの報告がありますが、下肢痛の改善はLove法と同程度に良好で、手術の翌日から歩行を開始し数日から1週間ほどで退院になります。 また、保険が適用されますのでLove法と同じ程度の費用で受けられます。このようにメリットの多い方法ですが、デメリットとして手技に習熟を要することが挙げられます。そのため、現在MEDの専門医のもとでトレーニングを受けることが勧められています。