英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

はじめに

はじめに

当院は、全国土木建築国民健康保険組合(被保険者数約42万人)の直営病院として、1959年に創立しました。同組合被保険者ならびに地域の人々の健康と福祉に貢献することを使命とした急性期病院です。「患者さんから選ばれる病院」「職員が安心と誇りをもって働ける病院」等の目標を、職員全員が共有し、公明正大で隠さない正直な文化を誇りとしています。また、「心の通った温もりを感じる医療を目指す」ことを理念としています。

当院の臨床研修プログラムの特徴と方針は、医師としての社会的役割を認識し、学ばなければならない必要なプライマリ・ケアの基本的診察能力を身につけると共に、研修医自身による研修先の選択を重視したプログラムです。1年前倒しして専門科へ行くよりも、なるべく多くの科を経験させ、医師としての基本を身に付けさせることにあります。

当院で初期研修を受けた皆さんが後期研修病院の指導医から、「厚生中央病院で初期臨床研修を受けた連中はしっかりしてるな」と評価されるような研修医を育てることを目標としています。

初期臨床研修のプログラムをとおして、医師としての社会的役割を認識し、病める人の立場に立てる医師となってくれることを期待しています。常に研鑽に努め、新しい医学的知識を吸収しようとする意欲あふれる研修医を歓迎しています。