英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

・平成24年4月から「リウマチ膠原病外来」の充実を図りました。

各医療機関の先生方へ
 拝啓、先生方には常日頃より大変にお世話になっております。
 この度、「リウマチ膠原病外来」の診療を週2回に増やしました。
膠原病の代表的疾患である関節リウマチについては、整形外科のリウマチ専門医とリウマチ膠原病専門内科医とが連携しながら診療にあたっております。その他の膠原病としては全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、皮膚筋炎その他多くの疾患が含まれています。
 膠原病を疑わせる症状としては、原因が分らない発熱、関節がこわばって痛い、皮疹がでる、足がむくむ、体に力が入らない、目がかすむ、指の色が変わる、体重が減少する、その他様々な症状があり、これらがなかなか治らない時には膠原病の疑いもあり精査が必要となります。
 当院では平成22年4月から昭和大学病院からリウマチ膠原病専門医をお迎えして「リウマチ膠原病外来」を開設しております。受診については予約が必要となります。膠原病が疑われる方、膠原病で悩んでいられる方には当外来の受診をお勧めいたします。

専門外来は予約診療となっております
開設日: 月曜日(午後)・木曜日(午後)
予約先: 
電話予約センター  03-3716-8124
医療連携広報室   03-6863-2890・2891