英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

・当院では専門外来として「リウマチ膠原病外来」を平成22年4月より開設いたします。

各医療機関の先生方へ
拝啓、先生方には常日頃より大変にお世話になっております。
この度、当院では専門外来として「リウマチ膠原病外来」を平成22年4月より開設いたしますので御紹介申し上げます。

膠原病とは

 我々の体の中には、外から入ってきた異物に対して自分のものではないと認識し、これを排除・攻撃する免疫機能が整っています。膠原病とは自分の体の一部を間違って異物と認識して、自分の臓器や組織に障害を与えてしまう病気の総称を言います。膠原病の代表的疾患が関節リウマチです。関節リウマチについては、当院では整形外科のリウマチ専門医が手術適応を含め診療していましたが、今後はリウマチ膠原病専門内科医と連携しながら診ていく事になります。その他の膠原病には全身性エリテマトーシス、シェーグレン症候群、皮膚筋炎その他多くの疾患が含まれています。
膠原病を疑わせる症状としては、原因が分らない発熱、関節がこわばって痛い、皮疹がでる、足がむくむ、体に力が入らない、目がかすむ、指の色が変わる、体重が減少する、その他様々な症状があり、これらがなかなか治らない時には膠原病の疑いもあり精査が必要です。
当院では平成22年4月から昭和大学病院からリウマチ膠原病専門医をお迎えして「リウマチ膠原病外来」を開設いたしました。受診については予約を必要とします。膠原病が疑われる方、膠原病で悩んでいられる方には当外来の受診をお勧めいたします。
また、近隣医療機関の先生方で、膠原病の治療・診断が必要とされる患者さんがおりましたら御紹介して頂ければと思います。

専門外来は原則として予約診療で行っています。

紹介先:リウマチ膠原病外来(木曜日・午後1:00) 
予約先:電話予約センター (03-3716-8124)