英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

消化器外科)食道癌に対するESD

診療科
消化器病センター 内科・外科

治療名
早期食道癌に対する内視鏡的粘膜下層切開剥離術

適応
早期食道癌

方法と特色・利点
 早期癌(stage0)とは病巣が粘膜内にとどまる状態です。このような症例に対しては外科的手術ではなく内視鏡的粘膜下層切開剥離術を行っています。この方法は色々な器具を駆使して癌病巣を内視鏡的に切開・剥離して切除する方法です。これにより従来、手術を行っていたような広範囲の病変でも手術室にて全身麻酔下に安全に切除できるようになり、患者様のQOLに寄与しています。当院では内科と外科が協力し、検討しながらこの手技を行っており、つねに新しい技術・手技を導入できるように努めています。

写真

ESD

実績(2014年に施行した件数)
8件