英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

整形外科)膝関節鏡視下半月板手術

診療科
整形外科

治療名
膝関節鏡視下半月板手術(部分切除術、縫合術)

適応
半月板損傷

方法と特色・利点
半月板は、膝関節を構成する大腿骨(だいたいこつ)とその下にある脛骨(けいこつ)に囲まれた関節軟骨の間にあり、緩衝効果としてクッションの役割をはたしています。けがや年齢と共に損傷すると、膝関節の曲げ伸ばし、階段の昇り降り、歩行等で痛みを感じるようになります。症状が軽く、日常生活に問題なければ経過をみていきますが、痛みや日常生活に支障がでる場合は手術を行います。約20年以上前は、直接半月を切除する手術を行ってきましたが、現在は関節鏡を使用し、膝前方に約1cmのキズ、数ヵ所で手術を行います。
特に最近は技術の進歩により、半月板の部分切除術だけでなく、縫合術も多く行われるようになっています。術式は損傷の状態で選択させていただきますが、キズが小さく、術後の痛みも少なく、早期退院も可能となっています。

写真

kansetsu

実績(2014年に施行した件数)

35件