英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

消化器外科)単孔式腹腔鏡下虫垂切除術

診療科
消化器病センター 外科

治療名
単孔式腹腔鏡下虫垂切除術

適応
急性虫垂炎
保存的治療後の計画的虫垂切除

方法と特色・利点
単孔式腹腔鏡下虫垂切除術はお臍に1か所の穴を開け、腹腔鏡を用いて虫垂を摘出する方法です。傷が1か所だけで、しかもお臍の部分なので、数か月後にはあたかも手術傷痕がないように治ります。従来の開腹法と比較して、手術創が小さいので術後の痛みが少なく、入院日数も短くなります。また手術創が目立たないので美容の面からも優れた方法です。

写真

ラパアッペ1

ラパアッペ2

ラパアッペ33

実績(2017年に施行した件数)
31件