英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

内視鏡手術

内視鏡手術とは?

内視鏡手術とはお腹や胸、または関節などの中に内視鏡を挿入し、映し出されるモニター画像を見ながら手術を行うものです。内視鏡を挿入する穴(5~12mm)と手術器具を入れる2~4個程度の穴(5~12mm)だけで手術を行うため、従来の手術のように大きく皮膚を切開する必要はありません。そのため、一般的に従来の手術と比較して、手術後の痛みが軽く、体にかかる負担も少ないため、手術後の回復も早く、早期社会復帰が可能な場合が多いと言われています。また傷が小さいため美容上も優れています。しかし、術者は直接臓器に触れずにモニター画像を見ながら手術を行うため、難易度が高く、手術時間も長くなる傾向があるため、その適応には十分な検討と術者の修練が必要となります。