英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさくしょう)

1)  病態
   加齢に伴い椎間板の水分が失われると、椎間板は徐々につぶれて周囲にはみ出すようになります。 神経の通り道(脊柱管)にもはみ出してくると脊柱管は狭くなり、また脊柱管の後面を構成している黄色靭帯も徐々に厚くなるために脊柱管はさらに狭くなります。 やがて神経が圧迫されるようになると下肢の痛み・しびれや神経が原因の腰痛などが出現し、さらに進むと休み休みでないと歩けない、いわゆる間欠性跛行(かんけつせいはこう)が出現します。前かがみなると脊柱管が少し広がるため、手押し車を押して前かがみで歩くと休まずに歩ける人もいます。近年人口の高齢化に伴いこの疾患は増加していますが、最近では旅行やスポーツを楽しみたいという理由で早めに手術を選択される方が増えています。

2)MRI (矢状面断層 :体を縦に切って断面を横から見た画像)   

3)  手術療法
(1)椎弓切除術 
 
通常は部分椎弓切除術(開窓術)が広く行われます。これは神経が圧迫されているところだけ椎弓の一部と黄色靭帯を切除して神経の圧迫を取り除く手術です。麻酔は全身麻酔で通常は1~2時間ほどで終わりますが、再手術の場合は神経周囲の癒着などためさらに時間がかかります。狭窄が高度な時や再手術の場合などは椎弓全体を切除する広範囲椎弓切除術が行われることがあります。

(2)脊椎固定術

脊椎すべり症や脊椎が不安定な場合などは脊椎固定術が行われます。固定方法として一般に後方椎体固定術(図)または後側方固定術が行われていますが、これ以外にもより侵襲の少ない様々な方法が工夫されています。当院ではすべりを戻す必要がある時は後方椎体固定術を、そのままの位置で固定する時は後側方固定術を行っています。多くの場合、金属固定(脊椎インスツルメンテーション)と骨移植術が併用されます。

3)  後療法・費用
 
手術の翌日から座って食事ができ、2~3日で歩くことができます。椎弓切除術では術後に軟性コルセットを1カ月間、脊椎固定術の場合は硬性コルセットを3カ月間装着します。入院期間は2~3週程度です。治療費は保険の自己負担分(通常3割:20~30万円)を病院へ一旦支払いますが、高額療養費制度により、ご加入の健康保険に申請すると一定の額を超えた金額が戻ってきます。