英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

後期臨床研修プログラム詳細

厚生中央病院後期臨床研修プログラム

1)目的

  初期臨床研修終了後に、各専門領域の学会認定医・専門医の取得に必要な基本的知識と技術および診療態度を取得する
 ことを目的とする。

2)一般目標

  1.患者さん中心の医療が実践できる。
  2.チーム医療の重要性を理解し行動できる。
  3.医療の安全について配慮し行動できる。
  4.医療の進歩に伴う生涯学習ができる。

3)到達目標

  1.学会指定の研修カリキュラム習得し、認定医・専門医の資格を得る。
  2.後輩医師への指導医としての役割を果たせる。
  3.積極的に学会発表などの臨床研究活動が出来る。
  4.主治医としての責任と義務を果たし、患者家族や他の医療従事者との信頼関係を築き診療が出来る。

4)研修期間(原則)

  1.専門医の取得までとする。ただし、最長でも6年以内とする。
  2.後期研修医修了者の登用相談制度がある。

5)研修方法

  1.取得を希望する専門科とその関連科にて研修を行う。関連科の研修は専攻する特性を鑑み、研修期間も含め相談の
   上で決める。
    また、厚生中央病院外での研修も考慮する。
  2.専門科の研修は各学会指定の研修カリキュラムに基づいて行う。

6)後期研修医定数

  各診療科若干名とする。

7)取得可能な認定資格

  1.基本領域

    ①内科認定医、総合内科専門医
    ②外科専門医
    ③整形外科専門医
    ④産婦人科専門医
    ⑤麻酔科認定医、麻酔科専門医
    ⑥耳鼻咽喉科専門医
    ⑦眼科専門医
    ⑧皮膚科専門医
    ⑨泌尿器科専門医
    

  2.専門領域

    ①消化器病専門医
    ②循環器専門医
    ③老年病専門医
    ④大腸肛門病専門医
    ⑤消化器内視鏡専門医
    ⑥脊髄脊椎病専門医
    ⑦神経内科専門医
    ⑧脳卒中専門医
    ⑨消化器外科専門医  
    ⑩呼吸器外科専門医
    ⑪乳腺専門医
    ⑫手外科専門医
    ⑬がん治療認定医

8)処遇

  1.常勤後期研修医
  2.研修基本手当38万円から42万円/月
    1年次38万円、以後5年間に渡り年次毎に1万円を加算し42万円までとする。
    また、内科認定医もしくは各種専門医取得後は45万円/月とする。
    その他賞与年に2回、当直手当、その他各種支給あり。
  3.当直は4回/月以下
  4.保険(国民健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険)
  5.医師賠償責任保険(自己加入)
  6.健康管理(健康診断 年1回)
  7.外部への研修活動(学会・研修会への参加あり、参加費用は条件付有)
  8.雇用契約(院内規定に準じる)
  9.休暇(院内規定に準じる)
  10.研究日あり(週1日)

9)管理体制

   厚生中央病院研修管理委員会の助言のもと院長が管理管轄する。

10)病院の特徴

  1.その他公的病院に属する病院で、設備は大学病院に匹敵する病院です。
  2.恵比寿ガーデンに隣接した都内の中心地にある綺麗な病院です。
  3.医局は一医局制で診療科別および出身大学の区別なく協力体制を重視した病院です。
  4.一人の患者さんを病院全体で診ていくチーム医療の実践を大切にしている病院です。
  5.研修研究活動に力を入れ、国内留学制度もあり、質の向上を目指している病院です。

後期臨床研修プログラム(老年病専門医コース) 平成24年11月改定

(1)老年病専門医コース基本理念

    高齢者を診るにあたり、医師はその高齢者の人生を振り返って理解し、人格を傷つけることなく生活状況を
   鑑み診療しなければならない。
    その為には日頃から患者さんの生活歴や薬歴、既往歴など、診療に必要な患者さんの全体像を常に把握する
   事に努力し、医学的知識以外の保健・福祉・サービスなどにも対応できる能力も身に着けなければならない。
    また、診療にあたり分かりやすい優しい言葉で説明しなければならない。

(2)老年病専門医コース(責任者:櫻井道雄)

   1.日本老年医学会認定の老年病専門医制度研修カリキュラムに沿って研修を行い老年病専門医の取得を目指す。
   2.初期臨床研修終了後に厚生中央病院総合内科にて原則4年間の研修を行う。
    相談にて1年間を限度に厚生中央病院内外での研修も可能とする。

 (3)研修項目

   老年病専門医制度研修カリキュラムによる研修項目の「老年医学総論」は3年間に分けて研修し、
  「老年病各論」は研修期間内で臨床経験が出来るように配慮し研修する。

  「老年医学総論」の詳細は日本老年医学会認定カリキュラムを参照する事  
  1) 初年度研修
   ①老年学と老年医学
   ②老化の機序
   ③老年病の臨床
   ④老年者に特有な症候
   ⑤老年者の救急疾患と対策
  2) 2年次研修
   ①老年者の検査値の変化と意義
   ②老年者の栄養
   ③老年者薬物療法
   ④予防医学
   ⑤老年者の生活機能障害の評価
  3) 3年次研修
   ①老年者介護と医療
   ②老年者介護とリハビリ
   ③老年者の終末期医療と医療倫理
   ④老年者と精神医療
   ⑤その他

 「老年病各論」の詳細は日本老年医学会認定カリキュラムを参照する事
  老年病各論については下記の疾患について4年間の研修期間内で経験し記録する。
  1)精神疾患
  2)神経疾患
  3)呼吸器疾患
  4)心臓疾患
  5)血圧異常と血管系疾患
  6)消化器疾患
  7)腎・泌尿器疾患
  8)内分泌・代謝疾患
  9)骨・運動器疾患
  10)血液疾患
  11)感染症・免疫・膠原病
  12)感覚器障害
  13)皮膚・口腔疾患
  14)外科疾患

(4)研修内容と指導医体制

   厚生中央病院総合内科所属で原則4年間の研修を行う。内1年間を限度に相談により院内外での希望科研修
  を可能とする。
   総合内科には指導医として老年病専門医、総合内科専門医、神経内科専門医、呼吸器内科専門医、糖尿病専門医、
  消化器病専門医、救急専門医、血液内科専門医、腫瘍内科専門医等が揃っているので経験する症例については指導医
  と共に診療を行う。