英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

Q7 認知症の物忘れと、年齢相応の物忘れの違いはなんですか?

 A7

  最大の違いは、認知症の方の場合は、忘れているという事自体がわからなくなる、ということです。具体的には、通常の物忘れであれば、後から人に指摘されると思い出すことがほとんどです。例えば、「おばあちゃん、今日は病院に行く日だったでしょ?」「あ、そうだった!」といった具合です。しかし、認知症の方はいくら指摘をしても思い出すことができません。場合によっては、「私はそんなこと聞いていない、あなたが嘘を言っているんだろう」と怒り出すことすらあります。財布や鍵をなくしてしまうと、家族が盗ったと言ったり泥棒が入ってきたと言い出す人もいます(物取られ妄想)。ですから、認知症の方は自分から認知症外来に来ることは非常に稀で多くの場合は、家族が連れてこられます(=病識の欠如)。