英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

活性酸素に関する研究へのご協力について

                                         2017年10月5日
患者様・ご家族様へ

               活性酸素に関する研究への御協力について

 腫瘍内科では、過去に下記のような診療を受けて頂いた患者様の検体を用いた臨床研究を行います。患者
様個人のお名前や、個人を特定できる情報は一切公表いたしません。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げ
ます。


研究課題名


 がん患者の治療経過における活性酸素に関する検討


研究目的


 活性酸素はがんの発生に関与し、がん患者では健常人と比べ活性酸素の上昇を認めると報告されていますが、
その治療過程における詳細は十分に検討されていません。この研究は、がん治療経過における酸化度と抗酸化
力を評価するための研究です。今後、この研究を行うことによって、がん患者様の治療効果判定や悪液質・倦
怠感の客観的な指標になる可能性があります。


研究概要


 この研究では、総合病院厚生中央病院総合内科・消化器内科で診断・治療時に行った採血検査の検体提供を
お願いしています。この研究を行うために、あなたから新しく採血を採取することはありませんので、身体的な
危険や不利益はありません。検体は、当院腫瘍内科・検査科で解析が行われます。


対象となる患者様


 2016年12月1~2017年3月31日までに総合内科、消化器内科においてがんの診断・治療を受けられた方 20名


公示期間


 2017年10月5日~2018年3月31日


研究への参加辞退をご希望の場合


 この研究に関して新たに患者様に行って頂くことはありません。費用もかかりません。
 この研究では、当院において既に管理している患者様のデータを使用させて頂きます。患者様個人のお名前や
個人を特定できる情報は一切公表いたしません。しかしながら、様々な理由により本研究への参加を辞退される
場合には、遠慮なく担当医師へ御連絡下さい。
 本研究への参加は患者様の自由意志であり、参加の辞退を希望されても患者様が不利な扱いを受けることは
一切ありません。参加を辞退される方は、上記の公示期間内に下記の担当医師へ御連絡下さい。
 なお、公示期間の後でも、可能な限り御希望に沿って対応いたします。




いつでも相談窓口(担当医師)に御相談下さい

 総合病院 厚生中央病院 腫瘍内科
  電話番号 : 03-3713-2141(代表)
  担当医師 : 横山 智央