英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

消化器病センター(内科・外科)

 従来、消化器疾患は内科医が診断し、手術が必要な患者さんについは外科医に紹介され治療が行われる流れでした。しかしながら最近、消化器疾患には内視鏡を使った診断や治療が行われることが多くなり、内科医と外科医が協力して診療を行う機会が増えてきました。消化器疾患に対して、より質の高い医療を提供するには内科と外科が今まで以上に協力して診療を行うことが求められています。
 当院でも平成23年4月より消化器内科と消化器・一般外科を統合し、お互いに協力しながら診療を行う消化器病センターを設立致しました。
 従来、消化器疾患に対して、内科を受診したらよいのか、外科を受診したらよいのか迷っていたかと思われますが、今後は、どのような消化器疾患に対しても対応できる窓口として消化器病センターをご利用して頂ければ幸いです。
 地域の人々に、温かで、より質の高い安全な医療を提供することが我々の使命だと思っていますので、消化器病センター設立に対して、宜しくご理解のほどお願い申し上げます。