英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

睡眠時無呼吸外来(SAS外来)について

当院では平成24年6月から「睡眠時無呼吸外来(SAS外来)」を耳鼻科と総合内科(睡眠学会認定医、その他)が共同して開設することになりました。耳鼻科と呼吸器内科等の専門医が協力して行うことで、より精度の高い診療が可能となりました。「いびき」でお困りの方、「睡眠時無呼吸症候群」がご心配の方がいましたら受診、ご紹介して頂ければ幸いです。

睡眠時無呼吸症候群とは読んで字の如く「睡眠時」に「無呼吸」となる病気です。英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と言います。睡眠中に10秒以上呼吸が止まった状態を「無呼吸」と言います。呼吸が止まらなくても呼吸が弱くなって体の中の酸素が足りなくなった状態を「低呼吸」と言います。この無呼吸と低呼吸を合わせて睡眠中に1時間当り5回以上これらが出現し、しかも日中に眠気などの特徴的な症状が出た場合、または症状が無くとも無呼吸や低呼吸が睡眠中に1時間当り15回以上あれば睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)と診断されます。睡眠中の呼吸状態や睡眠の質はポリソノグラフィーと言う機器で測定されます。SASは夜間に十分な睡眠を取ることが出来ず、昼間の居眠りから事故(交通事故、労災事故)を起こす危険性が高いため社会的にも問題になっています。また睡眠中の酸素不足から心臓や脳に負担がかかり虚血性心疾患、高血圧、不整脈、脳血管疾患などの合併症を引き起こすことが健康成人より数倍高いと言われています。SASの正しい診断には専門外来への受診が必要です。心当たりのお方は当院の「睡眠時無呼吸外来(SAS外来)」への受診をお勧めいたします。

受診案内
専門外来「睡眠時無呼吸外来(SAS外来)」はすべて予約が必要です。

担当医
1)小野啓資(総合内科専門医、呼吸器内科専門医、日本睡眠学会認定医)
2)庄司祐介(日本耳鼻咽喉科学会専門医)

外来診察時間
月(小野啓資)・・・AM10:00~10:20、11:00~11:20
火(庄司祐介)・・・AM
水(小野啓資)・・・AM10:00~10:20、11:00~11:20

予約先
患者さんが予約センター(03-3716-8124)に電話する。
紹介医が医療連携広報室(03-6863-2890、2891)に電話する。