英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

がん緩和医療外来について

当院では、がんと診断された時から、患者さん本人・家族と相談しながら、患者さんにとって一番良いと思われるがん治療(手術、放射線、化学療法、その他)を選択し、同時に患者さんの痛みや苦痛・不安を和らげる緩和医療を行っています。
当院での緩和医療は緩和医療を専門としている横山智央総合内科部長(元東京医科大学臨床腫瘍科科長)が中心となり、各専門医や腫瘍内科医と緩和ケアチーム(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカー等)が一緒に共同で診ていく患者さん中心の診療体制をとっています。
現在、当院では緩和病棟設置に向け準備中ですが、症状緩和目的での緩和治療入院も一般病室(有料個室)で受け入れています。当院でのがん治療・緩和治療をご希望の方はご相談ください。
なお、自宅療養が可能な場合は、症状の緩和を行ったのち在宅療養の体制を整え、ご自宅に戻って頂く場合もあります。
また、全身状態が安定し緩和治療の適応がなく、長期間入院が予想される患者さんについては、入院をご遠慮させて頂く場合もありますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

「がん緩和医療外来」はすべて予約制です。
他院にてがん治療を行っている患者さんは、これまでの治療経過がわかる診療情報提供書を主治医から頂き受診してください。

紹介先:横山智央(総合内科部長、外来化学療法センター長)
診察日:月曜日午後・金曜日午前
予約先:患者さん個人-電話予約センター(03-3716-8124)
紹介医から -医療連携広報室(03-6863-2890、2891)