英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

がんリハビリテーションについて

近年、がんの5年生存率は向上してきています。このため、がんと診断された時から標準的治療と並行してがん緩和医療を行い、がんと共存していく時代になってきました。長期に渡って、がん患者様の日常生活動作(activities of daily living:ADL)を維持・向上するために、がんリハビリテーションが注目されてきています。そこで、当院入院治療中(手術前後・化学療法・放射線療法)のがん患者様を対象に2013年3月1日よりがんリハビリテーションを開始しました。ご希望のある方は当院スタッフまでご相談ください。
尚、外来通院でのがん患者様対象のリハビリテーションは行っておりませんのでご了承ください。

責任医師:横山智央(総合内科部長、外来化学療法センター長)
診察日:月曜日午後・金曜日午前

がんのリハビリテーション研修会 受講スタッフ
医師     横山 智央 総合内科 (呼吸器・腫瘍内科)
看護師    石川 あさ (看護部)
理学療法士  秋山 茂雄 (リハビリテーション科)
理学療法士  相川 律子 (リハビリテーション科)