英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

糖尿病外来

糖尿病と上手に付き合おう!

糖尿病人口は年々こんなに増えている!

糖尿病の患者さんは、どんどん増加しています。2007年厚生省の調査では糖尿病およびその予備軍は2,210万人となっています。

これは、つまり40歳以上の3人に1人は糖尿病およびその予備軍ということになります。

糖尿病になる原因としては、暴飲(アルコール、清涼飲料など)、暴食、肥満、運動不足、膵臓疾患、薬剤(ステロイドなど)があげられます。また、遺伝性も言われており、両親とも糖尿病の人は50%の確率で子供が糖尿病になるとの報告がされています。

  

  

糖尿病があると、2~3倍も脳梗塞が起こりやすい!

脳梗塞は突然起こり、命を奪うこともある恐ろしい病気で、命は助かっても麻痺などのために不自由な生活を強いられることが多くあります。
日本では世界でも脳血管疾患(脳出血や脳梗塞など)の発症率が高く、患者数は136万5千人といわれます。 その中でも糖尿病患者は、糖尿病でない人の2~3倍なりやすく、脳梗塞になった人の約半数に糖尿病がみられるのです。脳卒中を予防するためには血糖のコントロールおよびその他の危険因子のコントロールが重要になります。

糖尿病だと虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)のリスクが2倍も高くなるのです!

心疾患で死亡する比率は、糖尿病の人は糖尿病ではない人と比べ、男性では約1.9倍高く、女性では約2.5倍高いとされています。

腎不全になる原因のNo. 1は糖尿病!

1年間に新たに透析を始めた患者数は、原疾患をみると、糖尿病性腎症がもっとも多く1万4,968人で、全体の42.9%を占めます。腎不全全体でみても、糖尿病に起因するのは、そのうちの8万543人と全体の32.3%にあたります。
これ以外にも、糖尿病の合併症としては、失明に至ってしまう網膜症、糖尿病性壊疽などを合併することもある神経障害、閉塞性動脈硬化症など怖い合併症がたくさんあります。また、血糖値のコントロールが悪いと感染症も合併しやすく、重篤化しやすいのです。しかし、糖尿病をうまく管理することによって、予防できるのです。

定期的な健康診断が糖尿病およびその予備軍を見つけるためには重要!

「糖尿病が強く疑われる人」の中で「現在治療を受けている」と答えた人は、男女計で50.6%でした。自覚症状の乏しい糖尿病では、健康診断が治療を始めるうえで欠かせないものです。

 

 

糖尿病治療は普段の生活にある!

糖尿病の治療は、食事療法、運動療法が2本の柱となります。糖尿病の治療は、生活にあります。また、慢性疾患ですから、無理をしすぎず、長く付き合っていくことが大事です。症状はなくても合併症や血糖値の定期的なチェックをした上で、血糖値の良好なコントロールをしていくことが合併症を防ぐ上で重要なのです。

 

糖尿病教室(集団指導/医師・管理栄養士・薬剤師・検査技師による)!

糖尿病教室は、現在当院通院中または入院中の患者様を対象に行っています。詳しくは、厚生中央病院ホームページ、院内掲示板、当院栄養科(嶋崎・米原)までお問い合わせ下さい。

近隣の先生方と地域連携を!

厚生中央病院では、昨年度から糖尿病専門医および3名の管理栄養士、糖尿病療養指導士が常駐しております。糖尿病の教育入院のクリニカルパスも始動を始めました。今後、近隣の地域の医療機関様と連携して、より良い糖尿病治療および地域連携を図っていきたいと思っております。

糖尿病の治療の基本は食事療法および運動療法になります。また、境界型糖尿病と言われた人も今後糖尿病にならないためにも予防的治療が必要です。しかし、開業医の皆様が食事指導を行うことは、時間的・人員的に負担が大きいかと思われます。実際、近隣のクリニックにおいて“食事指導をちゃんと受けたことがなかった”という患者様方も少なくはありません。もちろん家庭医の存在は地域医療において大変重要です。こういった問題を解決するために私たちは以下の二つの方法でサポートさせていただきたいと考えております。

①   12週間の教育入院 

②   栄養指導のみのご依頼(個人指導/管理栄養士による) 

入院ができない患者様や食事療法のみご希望の患者様をご指導いたします。医師による診察後、指導日の予約をおとりします。
(※必ず所定の糖尿病栄養指導依頼書を御持参下さい。)
依頼書ダウンロードはこちらから→ ここをクリック

①、②とも当院での通院加療も出来ますが、ご希望によっては紹介元の医療機関にお返しするかたちで、今後皆様とも連携をとっていきたいと思っております。

糖尿病専門外来は、月・水・金の午後1時から予約制で診療を行っています。
予約は専用電話( 03-3716-8124 )で受付けております。