英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

診療実績 平成30年

整形外科 入院患者の疾病割合(平成29年)

順位 分類名称 患者数
1 膝・股関節症(股関節骨頭壊死を含む) 159人
2 脊柱障害(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎症など) 142人
3 脊椎圧迫骨折(骨粗鬆症及び外傷性) 131人
4 股関節大腿近位骨折(大腿骨頚部骨折等) 127人
5 足関節・足部の骨折 54人
6 膝関節周辺骨折 41人
7 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 40人
8 前腕の骨折 34人
9 肘関節周辺骨折 29人
10 肩関節周囲の骨折脱臼 28人
11 膝の外傷(半月板損傷等) 22人
12 骨盤損傷 21人
13 四肢筋腱損傷(アキレス腱断裂等) 18人
14 下腿足関節周辺骨折 14人
15 蜂窩織炎 13人
16 手関節周辺骨折脱臼(指を含む) 12人
17 急性腰痛症 10人
その他 136人
合計 1030人


平成30年手術件数

1 骨折手術
(上肢132、大腿骨近位端111、下肢52、骨盤0)
270
2 人工関節
(股関節71、膝関節124、大腿骨人工骨頭35)
230
3 手外科
(骨折87含む)
146
4 脊椎手術
(頸椎7、腰椎99、BKP2、脊髄終糸症候群3)
111
5 膝関節外科
(骨折14、半月板24、靭帯再建4、滑膜切除術4)
46
6 腫瘍性疾患
(上肢4、下肢2、体幹5)
11
その他 3
合計 817

※手術手技の件数です。1件の手術で複数の手技をしている場合があるので手技数を数えています。
 手術件数は、781件で36件の重複があります。