英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

さい帯血について

さい帯血の中には、体のさまざまな種類のもとになる「幹細胞」が豊富に含まれています。
ご出産の時にさい帯血を採取し保管しておくことで、万が一の時の治療の選択肢の一つとして利用できる可能性があります。
白血病などの血液疾患のみならず、再生医療として脳性麻痺や低酸素性虚血性脳症など、現在治療法のない病気にもさい帯血の利用が期待をされております。

さい帯血について詳しくはこちら ⇒ ここをクリック