英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

循環器内科

「循環器内科」ワンポイントアピール

※当院の循環器内科は迅速な診断と適切な治療を行います。
※「病院最前線2014(患者目線の病院選び)」(発行所・毎日新聞社)の雑誌で「心臓・血管の病気」部門で東京都内45病院の中に紹介されました。

虚血性心疾患等は素早く診断し的確な治療を早期に行うことが必要です。ともすれば大きな病院のように一カ月以上先の予約検査では治療のタイミングを逸してしまうかもしれません。当院では64列CTと最先端の画像処理にて立体的CT冠動脈造影検査を待つことなく早期に検査され、その結果で必要時には速やかに心臓カテーテル治療が行われています。また、当院では非侵襲的なラジオアイソトープを用いた負荷心筋シンチグラフィー等の検査も行う事が出来ます。
下肢閉塞性動脈硬化症の自覚症状である間欠性跛行(歩行時下肢痛)は腰椎の異常による整形外科的疾患と鑑別が困難な動脈硬化性疾患です。当科では整形外科と協力して閉塞性動脈硬化症(ASO)外来にて診療を行っています。その他に、ペースメーカー(MR検査対応型)埋め込み術、専門医による心エコー―検査なども行っています。