英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

神経内科


神経内科では、下記のような症状でお困りの方の診察を行います。

 

 頭痛、もの忘れ、しゃべりにくい、手足のふるえ、動作が遅い、細かい仕事がしにくい、歩きにくい、フラフラする、手足に力がはいらない、手足のしびれなど。

具体的な病名としては
 脳血管障害、片頭痛、認知症、パーキンソン病、末梢神経障害、脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)、その他、いわゆる神経難病などになります。

 診察の結果、必要に応じてCT、MRI、脳血流シンチ、神経伝達検査、脳波検査をおこないます。病気の種類によっては、脳外科、整形外科と連携し診察にあたります。
 また、他の病院などで、すでに神経内科の病気と診断されている方のご相談にもあたります。

医師:北川尚之
日本内科学会認定医
日本神経学会専門医、指導医

外来日:
月曜日午後
木曜日午前
木曜日午後(認知症・パーキンソン病外来)