英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

手術前の禁煙のお願い

                  手術前の禁煙のお願い          厚生中央病院 麻酔科・喫煙対策委員会


 喫煙が健康に悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、特に手術に際し、禁煙は大切です。《 喫煙が手術に及ぼす影響 》についての下記の説明をお読みいただき、手術をより安全なものとするためにも、手術が決まり次第、禁煙をお願いします。

【 ニコチンと一酸化炭素の影響 ~狭心症や血栓症が起こりやすくなります】
 タバコに含まれるニコチンには、さまざまな有害作用があります。ニコチンは交感神経を緊張させるため、血管は収縮し、不整脈が出現しやすくなります。また脈拍も増え、心臓に負担がかかり、狭心症の発作が起きやすくなります。
 酸素はヘモグロビンと結合して末梢組織に運ばれますが,一酸化炭素は酸素より 結合しやすいため酸素運搬が障害され、組織の酸素不足をおこします。特に心臓への酸素不足は、狭心症の発作に結びつきます。またニコチンや一酸化炭素によって血管内皮細胞が障害され、血栓ができやすくなり、脳梗塞などのリスクが増します。

 【 呼吸器合併症 ~術後肺炎が起こりやすくなります 】
 タバコに含まれるタールによって、肺は慢性的な炎症を起こしています。慢性炎症はやがて慢性閉塞性肺疾患(難治性で在宅酸素療法が必要となる肺気腫など)を引き起こし、術後肺炎などの危険性を増加させます。喫煙者の開腹手術において、術後に肺合併症を起こす確率は、非喫煙者の約3倍といわれています。さらに、喫煙はせき反射を弱め、手術後に肺炎になりやすくし、長期入院の原因となります。

 【 創傷治癒への影響 ~手術の傷が治りにくくなります 】
 傷の「つきやすさ」は組織のコラーゲン量で決まるといわれています。ニコチンによる血管収縮や酸素不足の影響でコラーゲン産生が不足します。この結果、手術の 傷のつきが悪くなり、傷が開きやすくなり、再手術の可能性が高くなります。