英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

呼吸器内科

「呼吸器内科」

 当院では2名の呼吸器内科専門医(小野啓資・横山智央)により平成24年7月から正式に「呼吸器内科」を標榜科いたしました。
 高齢者の増加に伴い急速に呼吸器疾患が増加しています。肺炎や慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)から肺癌まで、あらゆる呼吸器疾患に対して高度で専門的な対応が出来るようになりました。また、高齢者は多くの疾患を抱えていることから、院内では総合内科の一員として各専門医と共同して一人の患者さんを診ていく体制を取っています。
 平成24年6月から「睡眠時無呼吸外来(SAS外来)」を耳鼻科と共同で開設していますので、必要な方はご利用ください。

責任医師:小野 啓資
(総合内科副部長)
認定内科医、総合内科専門医、呼吸器内科専門医(指導医)、日本睡眠学会認定医、がん治療認定医

医師:横山 智央
(総合内科部長、外来化学療法センター長)
認定内科医、総合内科専門医、呼吸器専門医、がん治療認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医

外来日:
月曜日(午前)・・・小野 啓資(呼吸器一般)
月曜日(午後)・・・横山 智央(呼吸器腫瘍)
水曜日(午前)・・・小野 啓資(呼吸器一般)
金曜日(午前)・・・横山 智央(呼吸器腫瘍)