英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

低侵襲の埋込型心電計 リビールリンク

 当院では、失神でお悩みの患者様に対し、症状に応じて低侵襲の植込み型心臓モニタ「Reveal LINQ®(リビール リンク)」による検査を実施致しております。
 この最新デバイスについて、循環器内科部長 五関 善成 が説明いたします。


goseki

● 失神とは
 失神は、「脳全体に十分な血液が供給されなくなったために一時的に意識を失うもの」と定義されます。失神の原因としては、多くの場合は自律神経の一時的な障害によって起こり、その後の寿命に影響ない失神と言われています。しかし、心臓の病気(特に不整脈)が原因となるものは、その後の寿命や心臓病の発症と関係する危険性の高い失神のため、早期の診断および治療が必要となります。また、危険性の低い失神であっても「失神を繰り返される方」、「失神時にケガをされてしまう方」、「失神の経験が一度だけでも不安のため生活に制限がかかってしまう方」に対しても危険性の高い失神と同様に診断・治療が必要となります。
 日本では、毎年20万人の失神患者が病院に搬送されていると推定され、そのうち20〜30%は従来の検査方法では診断できない原因不明失神とされています。


● 埋め込み型心電計「Reveal LINQ®」
 「Reveal LINQ®(Medtronic社製)」は胸部皮下に挿入し、最長3年間の持続的な心電図モニタリングが可能な植込み型心電計で、失神が起きた際の心電図を後から調べることや、意識消失につながる危険な不整脈を機械が自動的に記録することができ、診断の率の向上につながることが報告されています。また、脳梗塞全体の16〜39%を占めると言われている原因不明の脳梗塞においても、同製品を使用することで脳梗塞の原因となる不整脈(心房細動)を早期に診断し、再発防止につながる可能性があります。
 このように最新の心電計「Reveal LINQ®」を使用することにより、今まで検出できなかった病気の原因を特定することができ、より有効で安全な治療を行うことが可能となりました。


Reveal-LINQ-R_large



● 当院で受診するには 【患者様へ】
 かかりつけの診療所などの医療機関で、「診療情報提供書(紹介状)」を作成し、地域連携室を通して、予約をして頂ければ、より円滑に診療が行えます。かかりつけの医療機関がない場合は、当院外来予約センター(℡:03-3716-8124)で循環器内科の初診外来を予約し、受診ください。
 外来受診された患者様には、問診結果に応じて必要な検査を行いますが、外来にて原因が診断できない場合は入院して頂き、更なる検査を行い、Reveal LINQ植込みなどを行っていきます。また、診察の結果、失神の原因が他の診療科の病気(てんかん、低血糖発作、ヒステリー等)が疑われる場合は、該当診療科を受診頂きます。
 失神でお悩みの方はぜひ当院の循環器内科外来をお気軽にご利用ください。


※ Reveal LINQ®の画像掲載については、日本メドトロニック(株)の許諾を受けております