英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

循環器内科


循環器内科で扱う疾患と特色

 循環器内科では、高血圧症、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全、閉塞性動脈硬化症などの循環器疾患の診断と治療を行っています。胸の圧迫感や動悸を自覚されるかた、検診やご自宅で血圧の高かったかた、検診で心電図に異常のあった方などに対して、詳しい検査と、検査結果に基づいた治療を行っています。

各疾患について

高血圧症

 内服薬加療のほか生活習慣の指導、二次性高血圧の検索、加療を行います。

狭心症

 心臓の筋肉を養う冠動脈の血流が減少する疾患です。血流減少は冠動脈の硬化と痙攣によっておこります。症状は、胸部圧迫感、胸痛のほか、息切れ、のど、背中、腕、上腹部の痛みのこともあります。多くは歩行などの労作時に起こりますが、早朝、安静時などに起こるものもあります。診断は、心電図だけでは困難なことが多く、運動負荷心電図、心筋シンチグラフィー、冠動脈CT検査、冠動脈造影検査により行います。冠動脈CT検査は、外来で検査ができ、造影検査に近い精度の検査が可能となっています。治療は、内服薬、経皮的冠動脈形成術(風船治療)、冠動脈ステント留置術、冠動脈バイパス術を行います。

心筋梗塞

 急性心筋梗塞は、冠動脈の血流が途絶する疾患です。多くは冠動脈の硬化、血栓によりおこります。症状は、強い胸痛が持続し、心電図、血液検査により診断ができます。治療は、緊急で経皮的冠動脈形成術・ステント留置術を行います。

不整脈

 不整脈にはいくつかの種類があります。

心房細動

 心臓が不規則に動き、心房内に血栓ができやすく、脳梗塞の原因になる不整脈です。動悸、息切れなどの症状が出やすく、心電図で診断できます。血栓を予防する内服薬を使用します。

洞不全症候群、房室ブロック

 徐脈性不整脈と呼ばれ、脈が遅くなり、失神がおこることがある不整脈です。心電図、心電図を24時間連続して記録するホルター心電図により診断します。ペースメーカー植え込み術による治療が必要な場合があります。

心筋症

 心臓の筋肉が肥大したり、収縮力が低下する疾患で、胸痛、息切れ、浮腫などの症状がでることがあります。心電図、心臓超音波検査、心臓カテーテル検査で診断し、主に薬物療法を行います。

心臓弁膜症

 心臓には四ヶ所に弁があり、これらが規則正しく開閉することにより、心臓から血液を送り出します。弁膜症はこれらの弁の働きが悪くなるもので、逆流の起こる閉鎖不全症と、開きが悪くなる狭窄症がそれぞれの弁に起こります。診断は、聴診、心臓超音波検査により行います。治療は薬物療法を行いますが、重症のものでは弁置換術、弁形成術などの手術が必要になります。

心不全

 以上の心疾患により心臓の機能が非常に低下した状態を心不全といいます。多くは体液量が増加し浮腫(むくみ)や息切れが出てきます。心電図、レントゲン、心臓超音波検査などを用いて診断し、原因となる心疾患により異なった治療を行います。

閉塞性動脈硬化症

 下肢への血管の動脈硬化により、血流が減少した状態で、症状は下肢の冷感、歩行時の疼痛などです。手足の血圧の比較(API検査)やCT検査、血管造影により診断し、薬物療法、血管形成術、下肢血管バイパス術により治療を行います。

循環器内科で主に扱う検査(所要時間)

・ 心電図(数分)

 スクリーニングに用いられ、不整脈、狭心症に用います。

・ 心エコー(15分)

 心臓の機能を動画で確認します。弁膜症、心筋梗塞、心筋症などの発見に力を発揮します。

・ ホルター心電図(24時間)

 外来で見つけられなかった不整脈や狭心症の発見に役立ちます。

・ イベントレコーダー(2-3回)

 前述のホルター検査でも発見できない場合、もう少し日数をのばして発見に役立ちます。

・ API(数分)

 動脈硬化の評価にすぐれた検査です。歩行時に足が痛くなるかたは是非。

・ 心臓核医学検査(約4時間)

 少し時間はかかりますが、外来で行う狭心症や心筋梗塞の診断に有用な検査です。

・ 心臓カテーテル検査(30分前後)

 最終精密検査です。冠動脈ばかりでなく心臓の状態を精密に分析できます。当院では手首から検査を行っており、検査後の安静時間が短く、たいへん楽になりました。安全の為、一泊二日の入院検査になります。

受診患者さんへのお願い

 心臓を栄養する血管を冠動脈と呼びます。冠動脈が動脈硬化により狭くなる病気を狭心症といい、悪化して詰まってしまった場合を心筋梗塞といいます。最近、生活の欧米化により増加している疾患です。その診断には、運動負荷心電図、心筋シンチグラフィー、冠動脈造影を使用しておりましたが、外来で冠動脈造影に匹敵する冠動脈の画像が得られる冠動脈CT 検査を行っていますので、ご利用下さい。