英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科で扱う疾患と特色

耳鼻咽喉科では、みみ、はな、のどに生じた疾患全般を担当します。この中には感覚器障害(難聴やめまい、味覚や嗅覚の問題)、感染症(咽頭炎、扁桃炎、鼻副鼻腔炎、中耳炎)、アレルギー(アレルギー性鼻炎、花粉症)、コミュニケーション障害(難聴、音声障害)、頭頸部腫瘍、嚥下障害など多岐にわたる疾患がありますが、当院ではこれらすべてに対応可能な体制をとっております。常勤医は3名(耳鼻咽喉科専門医2名)で関連施設の東京医科大学とも連携をとっています。また各種医療スタッフと、日々カンファランスを行い、チーム医療を心掛けています。耳鼻咽喉科領域は多岐にわたりますが、それぞれの疾患について高度な医療レベルで対応するために専門家による専門外来での精密検査、フォローアップを行っています。めまい、難聴、嚥下障害、音声障害、睡眠時無呼吸症などの治療に特に力を入れており、それぞれ専門外来を設けております。

各疾患について

めまい

めまいは非常に一般的な症状ですが、めまいを起こす疾患は多種多様です。めまい外来ではいろいろな検査(平衡機能検査、聴覚検査、重心動揺検査、電気眼振図)を組み合わせて行い、めまいの原因を検索し、治療に役立てています。良性発作性頭位めまい症に対しては積極的に浮遊耳石置換療法(エプリー法)を行っています。患者さんの重症度によりますが、メニエール病難治例に対しては外科的治療や近年着目されている鼓膜チューブ挿入による鼓室換気圧平衡治療も行っています。良性発作性頭位めまい、メニエール病、前庭神経炎については別項をご参照ください-別ファイル1

中耳炎

慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術、滲出性中耳炎に対する鼓膜換気チューブ留置術を行っています。また穿孔性中耳炎に対する短期間滞在型鼓膜形成術も行っています。難聴中耳炎専門医による手術、診察、カンファレンスを行っています。
子供の中耳炎に対しては日本耳科学会が定めた最新の小児急性中耳炎診療ガイドラインに沿った治療を行っております。なかなか治らなかったり、反復する子供に対しては精密な検査を行い、繰り返す原因を見つけています。

難聴

耳が聞こえづらい場合、耳鼻咽喉科の診察と詳細な検査により原因を見つける必要があります。中耳の病気の場合と内耳の病気の場合があり、それぞれ治療法が異なりますので聴力検査を行った後、必要であれば耳音響放射検査(OAE)、聴性脳幹反応検査(ABR)など高度な機器を使用して検査を行います。
突発性難聴はある日突然片方の難聴が発症する病気です。症状が出てから早い治療が必要です。

治療:当院では突発性難聴、外リンパ瘻などの急性感音難聴に対して、外来あるいは入院によるステロイド剤の大量療法を積極的に行っています。ステロイド剤で思うように回復しなかった場合は難聴の程度にもよりますが、プロスタグランディン製剤の点滴あるいは内服療法を行っています。これは内耳の細い血管を薬剤で広げることによって神経の障害を修復する作用があります。
急に聞こえが悪くなったときは早めの受診をおすすめします。また加齢などによる難聴に対しては、補聴器外来を設けて認定補聴器技能者よるフィッティングを行っています。

顔面神経麻痺

顔面神経は文字通り顔を動かす筋肉(表情筋)を運動させる神経です。脳の中枢から内耳、中耳を通って耳介の下から表面に出てきます。顔面神経は耳鼻咽喉科領域を走行するので耳鼻咽喉科医が専門的に精密検査、治療します。

治療:原因は軽症から重傷まであります。当院では日本顔面神経学会が定めた顔面神経麻痺治療ガイドラインに沿った専門的な治療を行っています。重度麻痺に対してはステロイド剤の点滴療法(ステナート法)と抗ウィルス剤の併用療法を行っています。当院で治療した顔面神経麻痺の改善率は95%であり、大変高い治癒率です。

鼻疾患

慢性副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中隔わん曲症などに内視鏡を用いた鼻内手術を行っています。多くの例では全身麻酔で手術を行い、苦痛が少なくなるよう心がけています。また症例により短期入院、日帰り手術にも対応いたします。またアレルギー性鼻炎に対して、レーザー手術を外来で行っています。
当院では最新の内視鏡的副鼻腔手術機器を導入しています。Medtronic社製XPS 3000 Powered ENT systemを導入し、確実で痛みがなく、再発が少ない副鼻腔手術ができるようになりました。

頭頸部腫瘍

咽頭、喉頭、鼻副鼻腔、甲状腺、耳下腺、顎下腺、頸部などに生じた腫瘍に対しては、各種検査を行い、手術治療を行っています。 頭頸部癌などに対しては、早期発見・早期診断を心掛けて診療をしています。現在耳鼻咽喉科領域では最も解像度が高く、癌病変の発見がしやすいオリンパスVisera ENT-VQシステムを導入し、NBI内視鏡という最新技術により癌の早期発見を行っています。
治療は手術、放射線、化学療法が可能で、関連施設とカンファランスを行ったうえで、それぞれの患者様に最適な治療を行っています。喉頭癌や咽頭癌については声を残したり食事をとる機能を温存する低侵襲手術を心がけ、患者さんの生活の質(Quality of life)を重んじています。頭頸部癌専門医が丁寧に診察し、患者さん本人、ご家族とともに最も適切な治療を一緒に考えていきます。

音声障害

声がかれる、声が出しづらい、声が低(高)くなったなどの症状に対応します。主な疾患には声帯ポリー プ、声帯結節などがあります。当院では電子スコピーやストロボスコピーなどの機器を用い診断を行い、薬物治療や手術を行います。また一般的な疾患以外にも 痙攣(けいれん)性発声障害や反回神経麻痺(声帯麻痺)加齢による音声障害などの病気に対しても手術治療を行っています。
音声治療の担当は音声治療を専門に行っており、内外に多くの実績がある東京医大兼任教授、渡嘉敷先生です。当院常勤医師とともに検査、音声治療、外科手術を行います。
痙攣性発声障害、声帯ポリープ、反回神経麻痺、喉頭麻痺の手術を年間数十例行っており、高い有効率を上げています。

嚥下障害

飲み込みの障害:嚥下(えんげ)障害は加齢や脳血管障害、神経疾患に伴い生じます。詳細な問診、内視鏡やX線透視検査を用いて診断し、指導や治療を行っています。入院中の患者様に対しても看護師、リハビリ科のスタッフと連携して嚥下訓練を行っています。訓練に限界がある症例には嚥下補助手術も行います。

睡眠時無呼吸症

睡眠時無呼吸は昼間のねむけなどにつながり、社会生活に大きな影響を与えます。また高血圧などの循環器や呼吸器疾患との関係が指摘されています。
睡眠時無呼吸症の検査は入院して頂き、実際に眠っている状態をモニターし、その結果に応じてCPAPや手術治療などを選択していきます。検査は入院をお勧めしていますが、お忙しい方やお子さんに対しては、簡易型モニターを使用して在宅での検査も可能です。
治療:自宅で行うことのできる在宅陽圧呼吸器(CPAP)による治療の設定、管理を行っています。総合内科医師、検査技師とともにカンファレンスを行い、患者さんに最適な治療を選定していきます。手術的治療で治る場合は精密検査を行い、原因によっては睡眠時無呼吸を治す手術も行います。手術は鼻詰まりを矯正したり、扁桃や咽頭を切除し、呼吸しやすくするものです

唾液腺の病気

唾液を作る場所、すなわち唾液腺には耳下腺、顎下腺があります。急性の炎症が起こったり、腫瘍が発生することがあります。
急性化膿性唾液腺炎:口の中から逆行性に細菌が入ると耳の下、あごの下が化膿して腫れて痛みます。皮膚が発赤したり、唾液に膿が混ざります。おたふくかぜと見分けが付きにくく、耳鼻咽喉科医の診察が必要です。

唾石症:唾液腺と唾液が通る管に結石が生じます。アゴが腫れ、特に食後に痛みが増強します。治療は唾石を摘出する手術を行います。唾石が大きく深い位置にあるときはアゴの下を切開して顎下腺ごと取り出します。

受診患者さんへのお願い

●睡眠時無呼吸外来、音声外来は予約制となっています。
●補聴器外来はAMの一般外来を受診してください。その後、改めて予約をおとりいたします。