英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

泌尿器科


泌尿器科で扱う疾患と特色

泌尿器科は腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路および前立腺、陰茎、精巣などの性器に起こる病気を担当しています。具体的には以下のような疾患があります。

・膀胱炎・尿道炎・腎盂腎炎などの尿路性器感染症
・腎結石・尿管結石などの尿路結石症
・腎癌・膀胱癌・前立腺癌などの尿路性器癌
・前立腺肥大症・過活動膀胱・神経因性膀胱などの排尿障害
・骨盤臓器脱(膀胱瘤・子宮脱・直腸瘤など)・腹圧性尿失禁などの女性泌尿器科疾患

高齢化およびライフスタイルの変化に伴いこれら泌尿器科の病気は年々罹患者数が増加しています。

診断については、超音波画像診断装置、尿路内視鏡、尿路X線診断、CT、MRI、アイソトープ診断装置、排尿機能検査などの最新の設備をそろえています。すべての検査において、可能な限り苦痛を少なくする努力をしています。

治療については、外来で行う薬物療法や理学療法の他に、最新の設備と技術を用いた以下のような治療法を行っています。

・尿路結石症に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)と内視鏡手術
・前立腺肥大症や膀胱癌に対する経尿道的手術(TUR)
・腹圧性尿失禁に対するTOT手術
・泌尿器癌に対する手術療法、放射線療法、化学療法(抗癌剤治療)、内分泌療法

各疾患について

2.前立腺癌の早期発見と治療

前立腺癌は高齢化や生活習慣の欧米化に伴い、部位別癌罹患率で最も高い増加率を示しています。優れた腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)の利用により、前立腺癌の早期発見と治療に積極的に取り組んでいます。当院人間ドックにもPSA検査を導入し、早期に発見される前立腺癌患者さんが急増しており、積極的に治療を行っています。その際は、患者さんの病期、年齢、合併症などを総合的に検討し、手術療法・放射線療法・内分泌療法の中から一番適切と思われる治療法を相談して決めています。
また、前立腺癌の診断には前立腺生検という組織検査が必要です。この検査は、直腸に超音波の機械を挿入して前立腺を観察しながら針を刺して組織を採取してくるものです。当然のことながら、痛みをとるために麻酔をかけて行う検査です。この検査は、施設によっては局所麻酔や下半身だけの腰椎麻酔で行われることが多いのですが、完全に痛みがとれなかったり検査後の安静がつらいのが難点でした。
当院では麻酔科の全面的な協力のもとで、全身麻酔下で前立腺生検を施行します。苦痛がほとんどなく、検査後の安静も不要で、尿道カテーテル留置(尿道に管を通して尿が流れ出るようにすること)も不要です。患者さんからもとても楽だったと好評です。

3.尿路結石症に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)と内視鏡手術

尿路結石治療では、患者さんへの侵襲を最小限にするべく体外衝撃波結石破砕術(ESWL)治療を行っています。当院の機種は強力な破砕力と優れた透視が特長で、ESWL適応範囲が拡大しています。当院では疼痛緩和を重視しており、原則として1泊2日の入院で治療を行います。1個の結石に対する平均破砕回数は1.33回で、緒家の報告と比較するとかなり少なくなっています。
破砕されても尿管から剥がれない嵌頓結石に対しては、積極的に内視鏡治療も行っています。

受診患者さんへのお願い

・泌尿器科外来は混雑していることがありますので、なるべく予約をおとりください。予約がないと
待ち時間が大変長くなることがあります。
・前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA検査は、結果が出るのに時間がかかります。PSA検査をご希望の方は、
11時以降の予約は避けてください。

施設認定

日本泌尿器科学会専門医教育施設 基幹教育施設