英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

眼科


「眼科」ワンポイントアピール

  • * 当院の眼科では白内障手術を得意としています。
  • *「病院最前線2014(患者目線の病院選び)」(発行所・毎日新聞社)の雑誌で「目の病気」部門で東京都内43病院の中に紹介されました。

1) 入院診療

  • 1.安全で水準の高い手術技術・手術環境を整えています。
  • 2.ホスピティリティーの高い病棟で対応しています。
  • 3. 患者さんの要望に対応できる柔軟な入院期間を考慮しています。
  • 4.入院待ち時間のない対応をしています。

2) 外来診療

  • 1.誠実な対応
  • 2.近隣のクリニックから信頼される診療水準
  • 3.大学病院とのスムーズな連携視能矯正士による専門的検査
  • 4.信頼性の高い最新検査機器

眼科で扱う疾患と特色

眼科を受診する患者さんが最も多く罹患しているのが白内障、緑内障です。厚生中央病院ではそれらの疾患に対する検査、治療をしっかりと行うことができますので、安心して受診して下さい。当院では、特に白内障手術の患者さんを多く施術しております。また、50歳以上の約100人に1人が発症すると言われる加齢黄斑変性の診断に必要な光干渉断層計を設置しましたので、早期発見、治療が必要な加齢黄斑変性が御心配な方も気軽に受診していただければと思います。
また、後天性の失明の原因として緑内障に次いで第2位である糖尿病網膜症も早期発見、早期治療が大変重要な病気です。網膜光凝固や手術加療を得意としている当院で定期検査を受けていただければと思います。

白内障

収差を弱め、見え方を良くする非球面レンズ(保険診療)、乱視の強い方の白内障手術用眼内レンズ(保険診療等を用意しています。日帰り手術や一度の入院で両眼の手術を受けていただくことも可能です)

緑内障

ゴールドスタンダードであるZEISS社製ハンプリー自動視野計で検査を行い、最も効果が良いとされる最新の点眼薬を採用し、手術加療も行っています。緑内障は40歳以上の日本人の17人に1人が罹患していると言われています。自覚症状が出現してからでは遅すぎます。早期発見、治療が失明を防ぐためには大切です。

糖尿病網膜症

前増殖糖尿病網膜症に進展した場合には速やかな網膜光凝固を行うことで網膜症の進展を抑制することが可能となります。どんなに放置していても、治療ができる可能性はあります。糖尿病をおもちの方は、間隔が空いてしまっていてもかまいませんので、必ず眼科の定期検査を継続して下さい。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は50歳以上の日本人の約100人に1人が発症すると言われている病気です。眼底の中心部のみが障害され、見ようと思った部分が歪んだり、暗くなって見えなくなってしまいます。診断、治療法が飛躍的に進歩したことで、早期に治療し、病気の進行を食い止めることができるようになってきました。厚生中央病院でも最新の検査機械、治療に必要な薬剤の用意をしていますので、加齢黄斑変性が心配な患者さんはぜひ一度当院で検査を受けてみて下さい。

受診患者さんへのお願い

眼科に来院されるほとんどの患者さんは、瞳孔(茶目)を眼薬を使って大きくしてから診察をする散瞳検査を受けることになります。検査後、半日程度ピント合わせができなくなり、屋外へ出るとかなり眩しさを感じることになりますので、車、バイクや自転車の運転やその日のお仕事ができなくなります。そのような予定を立てて来院していただければ幸いです。

目の病気について詳しい情報サイト

外部リンク   森秀樹の《こちら眼科》