英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

リハビリテーション科


診療方針

施設基準は、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)、がん患者リハビリテーション料の承認を得ております。
医師5名、理学療法士8名、作業療法士2名、言語聴覚士1名、助手1名が勤務しております。
専門施設のスぺースは、234m2あり、ゆとりある治療・訓練を十分実施することが可能です。

急性期から在宅復帰に至るまで、病状の変化に対応した最適のリハビリプログラムを選択して、患者様に提供できるように心掛け治療に励んでおります。
なお、リハビリテーションを目的とする患者様の入院及および物理療法(牽引や温熱療法)は当院では実施しておりませんのでご了承ください