英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

血管連続撮影

血管連続撮影

血管の様子を撮影し診断、治療を行います。頭部や腹部の血管や、心臓を栄養する血管(冠動脈)を検査、治療をすることが主な検査となります。普通のX線撮影では、血管内の情報を得ることはできません。そこで、足の付け根や手首の血管より、細いストロー状の管を検査、治療したい血管の傍まで血管内を進めていき検査をしたい血管に直接造影剤を流し込み血管の状態やその周辺臓器の状態を把握して、手術の方法を決定したり、その後の治療に役立てています。

また、IVRと呼ばれる、血管内手術も行われています。主に心臓血管で行われる手法ですが、血栓や石灰化によって細くなってしまった栄養血管に対し、その細くなった部分までしぼんだ状態の風船状のバルーンを進めていき、その風船に圧をかけて膨らまし、細くなった血管を再び元の太い状態に戻すという治療もおこなわれています。