英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

看護部の教育システムについて

「人と向き合える」看護師をめざして

「患者さんが一番大切」と考えて看護ができる看護師を育成します。
新卒の皆さんは、先輩の立てたケアプランの内容を理解し、基本的に知識・技術を用いて安全に患者さんに看護ができる事が目標です。

新人看護師には専任のプリセプターが1年間担当します。そして、可能な限り個々の成長に合わせたスケジュールを立て、チーム全体でサポートします。

また、既卒看護師の教育サポート体制も個々のキャリアに合わせて行います。
私たちは、「看護職を選んで良かった。厚生中央病院で看護を続けたい」と入職者の皆さんが実感できるよう、看護部全体でサポートを行っています。

新卒年間教育の流れ

チーム全体でサポートします。

既卒年間教育の流れ

経験に応じて指導者が付きます。

キャリアアップ支援

認定資格取得への支援

半年の研修期間中、休職として職員の身分を保証し、研修期間中は基本給を支給しています。
資格取得後は、認定の専門性を活かせる職場への配置換えを考慮しています。

当院では、現在、認定看護師が7名います。(2017年7月現在)
それぞれの分野で質の高い看護を提供するために活躍しています。
そして院内研修の講師としても、スタッフ一人一人を支えています!

Ns_careea_up_1

その他

東京都看護協会主催の実習指導者研修(2ヶ月間)にも毎年2~3名参加しています。
研修終了後は、学生実習の中心的役割を担っています。
研修は、学生指導だけでなく新人指導にも生かされています。


Ns_careea_up_2

研修風景