英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

ご挨拶

看護部長挨拶

 厚生中央病院は、全国土木建築国民健康保険組合の直営病院として、1959年に創立しました。現在は、地域の高齢者の暮らしを支えることをテーマとし医療と看護ケアを提供する一般急性期の病院です。そして高齢者の医療と看護ケアの質を高めるため7つのサポートチーム「認知症」「嚥下・栄養」「緩和・リヴィングウィル」「皮膚・排泄」「骨粗鬆症」「低侵襲」「入退院支援」が院内外で活動しております。また、「在宅後方支援病院」「救急外来へ在宅向けホットラインの設置」「高度急性期病院との連携」など地域中核病院として地域包括システムにつながるよう様々な取り組みを行っております。
 看護部は、看護部理念を基本とし地域の高齢者の生活を支えることをテーマに日々看護実践を行っております。そして地域と病院をつなぐ役割を果たすため地域連携広報室が活動しております。今後は、さらに入退院支援を強化し在宅医療との連携に積極的に取り組んでいきたいと考えております。
 これからも厚生中央病院ならびに看護部をよろしくお願いいたします。

厚生中央病院 看護部長 田地直子