英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

検査科


生化学検査

生化学検査は体液中(主に血液)の化学成分を分析します。その上昇または低下によって病態を推測します。重篤な病気だけでなく、生活習慣病といった日常に深く関わる病気の発見にも役立ちます。主な検査項目について簡単な御紹介をします。

肝機能状態を知る

GOT、GPT、アルカリフォスファタ-ゼ、LDH、γ-GTP、総ビリルビン、総蛋白、アルブミン、A/G比、ZTT

腎機能状態を知る

尿素窒素(BUN)、クレアチニン

代謝系の状態を知る

血糖(空腹時)、中性脂肪(TG)、総コレステロ-ル、HDL、LDL、尿酸(UA)、カルシウム、アミラ-ゼ

血液検査

血液検査室では、血液の検査をするのですが、厳密に言うと、赤血球とか白血球、リンパ球と呼ばれる細胞成分の検査を担当します。
これらの細胞成分は、患者さんの状態によりめまぐるしく変化し、血液細胞の癌といわれる白血病では、一般に白血球数が上昇します。また、数的な異常だけでなく、血液細胞の顕微鏡による観察で質的な異常も検査しています。その他、現在主流の自動血液算定機器は、細胞成分のカウント以外にも、ヘマトクリット値(血液の中のヘモグロビン色素の量)の測定もでき、貧血などの検査にも日常的に用いられています。

一般検査

一般検査に関わる疾患は、多数あります。
紀元前にギリシャの医聖が疾病の有無を尿と関連づけてから医療における尿所見の重要性は今日に至ってもスクリーニング検査として欠くことのできない検査となっています。

尿定性 10項目(比重、PH、蛋白、糖、ケトン体、潜血、ウロビリノーゲン、ビリルビン、亜硝酸塩、白血球反応)
尿沈渣(赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、細菌、真菌、
結晶*1)
 *1 【結晶】尿酸結晶、蓚酸カルシウム結晶,リン酸アンモニウム結晶,
 シスチン結晶,コレステロール結晶,ビリルビン結晶 etc。


便Hb
尿定量 3項目(尿蛋白、尿糖、尿アミラーゼ)
髄液の検査
穿刺液の検査
尿中エストロゲン検査
妊娠(HCG)検査 等を担当しています。

免疫血清検査

血清関連

CRP、RF、ASO、血中ミオグロビン、HBA1c、フェリチン

感染症関連

HBs-Ag、HBs-Ab、HCV-Ab、HIV抗体、梅毒

腫瘍マ-カ関連

AFP、CEA、CA19-9、CA125、PA

甲状腺ホルモン関連

FT3、FT4、TSH

輸血関連

不規則抗体検査、間接 ク-ムス、直接ク-ムス、クロスマッチ、血液型

病理検査

生検組織検査

組織の一部を採取して標本を作成し、病理医による病理診断報告を行います。

手術材料検査

生検組織の病理診断をもとに手術され摘出された組織からさらに病変の進行具合を診断する為、必要な部分の標本を作成し、臨床医に病理診断報告します。

病理解剖

細胞診

癌診断における検査法の重要な一部門で、細胞検査士、細胞診指導医が細胞学的診断を行います。

生理検査

生理検査とは、心電図・脳波のように、直接、患者さんの身体を対象にする検査のことです。心電図、脳波、呼吸機能・筋電図の検査を、各科 の医師とともに生理検査の技師が担当しています。

検査目的

検査にかかる時間

心電図検査

体表面に置いた電極を介して、心臓の電気的変化を検出し図形として記録したものが心電図です。不整脈・心筋梗塞や狭心症などの診断に有用です。潜在的な冠動脈疾患の診断や不整脈の誘発には、マスターの2階段試験やトレッドミル負荷試験が広く用いられています。

5分

ホルター心電図検査

日常生活中の約24時間にわたる心電図を携帯型の小型テープレコーダーで記録し後で解析し、心電図異常を検出・診断する方法です。

20分
(解析1時間)

心エコー図検査

胸壁に探触子をあてて、苦痛を与えることなく心臓の形・大きさ・動きに加えて心内の血流の状態を画像として描出し,冠動脈疾患・先天性心疾患・弁膜症などの診断に有用です。

20~40分

心音図検査

胸壁に置いたマイクロフォンにより、心臓の収縮・拡張に伴い発生する音を記録します。先天性心疾患、弁膜症などの診断に有用です。

20~40分

脳波検査

頭皮に電極を貼り付けて、脳からの電位の変動(波)を記録します。 脳の活動状態により覚醒や睡眠で脳波は変化します。また、臨床的にはてんかんなどのけいれん性疾患に有用です。

30~40分

誘発脳波検査

音・電気・光などの刺激によって起こる脳内の電位変動を、頭皮上より記録します。上記の脳波検査の電位より小さい電位の変化を記録するため、測定方法が異なります。

50~90分

末梢神経伝導速度検査

主に手や足の神経上で電気刺激を行い、興奮が伝わる速度を測定します。運動神経伝導速度検査と知覚神経伝導速度検査があります。

30~40分

筋電図検査

筋が収縮するときの電位変化を記録します。波形から神経や筋の状態を診断します。

60分

呼吸機能検査

体の細胞が生きていく上では酸素が必要です。酸素を空気中から取り込む役割である肺の働きぐあいを調べるために検査します。喘息や肺気腫の診断や、手術の前の体力を評価するために重要です

10分

頚動脈エコー

頚部の血流速度や血流パターンが頭蓋内の血流状態を反映するため頭蓋内の大きな血管病変をある程度推定することができます。

30分

運動負荷試験
トレッド、エルゴメーター

虚血性心疾患の診断と評価、心臓疾患の運動耐用能、運動誘発不整脈の検出を目的とします

30分