英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

在宅療養救急ホットライン(医療従事者専用ライン)の設置について

厚生労働省は、「在宅医療介護あんしん2012」を発表し、平成25年度には「在宅医療の体制構築に係る指針」を提示するなど、在宅療養を推進して高齢者が地域で安心して暮らせる社会を目指しています。
厚生中央病院は地域に根差した病院として、在宅医療に従事している先生方を支援することが役割であると考え、平成26年8月から「在宅療養救急ホットライン(医療従事者専用ライン)」を設置しました。
在宅医療を受けている患者さんが急変等により、入院が必要であると担当医師や看護師の方が判断した場合には、是非このホットラインをご利用ください。
当院が24時間体制で入院医療をお引き受けします。

<利用対象者>
1) 当院を「在宅療養後方支援病院」として患者さんの登録されている医療従事者
あらかじめ当院を「緊急時の入院先」としてお申出いただいた患者さんの情報を当院が登録し、入院加療が必要となった場合、いつでも受け入れるシステムです。
詳細はこちら  ⇒ ここをクリック

2) 患者さんが「目黒区在宅療養支援病床確保事業」をご利用の医療従事者
目黒区に住所地がある介護保険の要介護、要支援の認定を受けた患者さんを対象とした目黒区が実施する在宅療養支援事業の一環として、当院がいつでも入院できる病床を確保しています。
詳細はこちら  ⇒ ここをクリック

3) 当院と連携関係にある施設等の医療従事者

特別養護老人ホーム等当院と連携をしている施設の方で入院加療が必要となった場合には、こちらのホットラインをご利用ください。

在宅療養救急ホットライン(医療従事者用専用ライン)
03-3719-4028(救急室)