英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

ご挨拶

厚生中央病院 ご挨拶

 当院は全国土木建築国民健康保険組合の唯一の直営病院として昭和34年に設立された急性期機能を持つ地域中核病院です。私は、2020年(令和2年)4月より、当院の病院長に着任致しました。その歴史ある病院運営を任される責任の重さを感じ身の引き締まる思いであり、医療の質向上、地域の皆様への良質な医療の提供など、職務をしつかりと果たしてまいりたいと思います。

 私たち職員は、病院の掲げた理念を実践するために、健全な経営と安全で質の高い急性期の地域中核病院を創造することを基本方針として、その機能の充実に努めております。また、厚生労働省より基幹型臨床研修病院の指定を受け、若き医師の育成にも携わっております。

 当院は一般病床257床、地域包括ケア病棟45床、人間ドック18床の計320床で運営されています。病院の理念は、「心の通った温もりを感じる医療を目指す」、「組合被保険者ならびに地域の人々の健康と福祉への貢献」、「病院機能の充実を図り、サービス向上のための研鑽を積む」であり、その実践のため、健全な経営と安全で質の高い急性期を包括した地域中核病院を創造することを基本方針として、その機能の充実に努めてまいります。また、厚生労働省より基幹型臨床研修病院の指定を受けており、病院の将来を担う若手医師の育成にも尽力してまいります。更に看護師をはじめとしたコメディカルの教育にも積極的に関わっていきたいと計画しております。

 近隣の医療機関とも密に連携し、活発な病院運営を展開してまいりたいと思いますので、ご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2020年4月1日 厚生中央病院 病院長 池田幸穂


"));