英語ページへフォントサイズ変更文字を小さく文字を大きくするお問合せ

病院指標について

 

平成27年度 厚生中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルダウンロード
年齢区分 00~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 53 52 339 643 570 589 988 1319 1210 375

平成27年度に当院を退院した患者さんの延人数を10歳刻みで集計しました。
当院の一般病棟に医療保険を用いて1日以上入院された方を集計しております。自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含めておりません。また、入院後24時間以内に亡くなられた方も除いております。
70歳以上の患者さんでは、総合内科、整形外科、消化器内科、循環器内科などの方が多く、肺炎や転倒骨折、心不全など高齢者に多くなる疾患に広く対応しています。
一方で20代から40代までの若年層も全体の約25%を占め、産婦人科や耳鼻科などが多くなっています。
当院は地域包括ケアの中心的役割を果たす病院として、高齢化社会に適応した急性期病院を目指しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

総合内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 96 13.50 14.34 2.08 71.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 95 30.58 21.69 3.16 88.41
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 33 19.52 12.60 0.00 76.64

肺炎や尿路感染症により入院される患者さんの多くは、介護施設に入所されている方や在宅で介護を受けている高齢の方です。 当科ではこうした介護施設や訪問診療を行なっている医療機関と連携し、速やかな受け入れと治療を行なっています。 肺炎患者さんの多くは誤嚥性肺炎ですので、必要に応じ嚥下機能評価を行ない、対象となる方には嚥下機能訓練も施行しています。
誤嚥性肺炎や尿路感染症で入院される方の中には、治療を行ない一旦症状が軽快しても、入院中に繰り返してしまう場合があります。また、自宅に帰ることができず、施設への入所待ちを余儀なくされるケースもあります。このように、入院日数がかなり長くなってしまう患者さんが一定程度おられるため、当院の平均在院日数は全国平均よりも長めになっています。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 153 2.63 3.07 2.61 69.28 ・心臓カテーテル検査(前日)
・心臓カテーテル検査(当日)
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 81 3.32 4.87 0.00 71.36
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 16.28 18.30 1.64 84.28

狭心症は冠動脈の血流が低下する状態です。冠動脈造影等の検査により冠動脈の病変を明らかにし、薬物療法、カテーテル治療等の治療を行ないます。また、冠動脈バイパス術が必要な患者さんに対しては専門の医療機関への紹介を行なっています。
心不全は冠動脈疾患、心筋疾患、弁膜疾患、不整脈等により心臓機能が低下した状態です。各々の疾患の加療と心不全に対する加療を行ないます。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 74 1.64 2.93 0.00 68.76 ・大腸内視鏡検査(日帰り入院)
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 59 3.56 2.76 0.00 67.71
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 56 6.75 7.33 0.00 46.96

1位は主に大腸内視鏡の検査入院、2位は同じく大腸ポリープに対して内視鏡的切除術を行なった症例です。 3位は感染性腸炎の症例です。 その他、早期の大腸癌や胃癌の患者さんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や、肝胆膵疾患に対する診断・治療も行なっております。


消化器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 41 4.32 4.53 0.00 76.78
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 5.93 7.84 0.00 57.73 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 21 17.76 17.41 0.00 73.00

DPCというのは、入院中に治療や検査の主な対象となった病名と主たる手術・処置の組み合わせによる分類方法のことで、診断群分類と呼ばれています。
1位は大腸癌に対する化学療法を行なった症例です。主に切除不能症例や、肝臓や肺などの遠隔転移症例に施行しています。DPCにおいては、化学療法に使用する抗癌剤の組み合わせにより細かく分類が分かれるのですが、このDPCは抗癌剤と共にベバシズマブなどの分子標的薬を用いた場合の分類です。
2位は胆石・胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行なった症例です。当院ではさらなる低侵襲を目指して1ヶ所の手術創だけで施行する単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術も施行しています。
3位は結腸癌(大腸の直腸を除く部分の癌)に対して、主に腹腔鏡による切除術を行なった症例です。患者さんの肉体的負担を軽減するため、可能な限り腹腔鏡下に手術を施行しています。直腸癌に対する腹腔鏡下手術も行なっておりますが、別のDPCに分類されています。
その他には、鼡径ヘルニアや急性虫垂炎に対する手術などを行なっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 95 51.84 28.70 6.32 83.66
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 41.75 27.21 0.00 75.05 ・人工膝関節全置換術
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 70 46.43 24.95 1.43 70.03 ・人工股関節全置換術

1位は高齢者に多い大腿骨頚部骨折に対して人工骨頭挿入術や骨折観血的手術を行なった症例、2位は変形性膝関節症に対して人工膝関節置換術を行なった症例、3位は変形性股関節症に対して、人工股関節置換術(再置換術の場合も含みます)を行なった症例です。
上記以外に当科で多く扱っている症例を紹介しますと、手術が必要な症例では、各部位の骨折(足関節、鎖骨、前腕など)、腰部脊柱管狭窄症に対して椎弓切除術や脊椎固定術を行なった症例、膝関節の半月板損傷に対して関節鏡による手術を行なった症例などです。
保存的治療が主体になる疾患では、骨粗鬆症などによる脊椎(主に腰の背骨)の圧迫骨折の患者さんが多くなっています。 当院の整形外科は、手術から保存的治療まで、整形領域の幅広い分野に対応できる体制を築いています。
平均在院日数については、全国平均値より当院の方が高くなっていますが、これは集計方法の違いによるものと思われます。
平均在院日数(全国)の値は、入院期間の全てを一般病棟(ICUを含む)で過ごした患者さんのみを集計しています。一方、平均在院日数(自院)には、当院の場合、一般病棟での在院日数以外に地域包括ケア病棟における期間も含まれています。
地域包括ケア病棟は、主に急性期治療の終了後、在宅復帰を目指して退院調整を行なう病棟です。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 57 7.74 8.05 0.00 36.46 ・腹腔鏡下術
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 55 10.42 9.94 0.00 34.49
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 54 10.76 10.18 0.00 44.24 ・子宮筋腫核出術
・単純子宮全摘術

DPCというのは、入院中に治療や検査の主な対象となった病名と主たる手術・処置の組み合わせによる分類方法のことで、診断群分類と呼ばれています。
1位から3位までのDPC名称だけを見ると、子宮全摘術ばかり行なっているような印象を与えるかもしれませんが、そうではありません。
1位は卵巣の子宮内膜症に対して、主に腹腔鏡による摘出手術を行なった症例です。当院では卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術も同じように得意としています。(基本的には卵巣の病変のみの切除であり、卵巣や子宮は温存されます)
2位は、妊婦さんに対して帝王切開術を行なった症例です。帝王切開術を行なった症例のDPCコードは他にもあるのですが、ここに含まれるのは、過去に帝王切開術や子宮筋腫核出術などの子宮への手術を行なったことのある妊婦さんや、胎児の位置異常(骨盤位など)が見られる場合に、選択的または緊急に帝王切開術を行なった方が含まれます。
3位は子宮筋腫に対して子宮筋腫核出術または子宮全摘術を行なった症例です。このDPC分類には子宮筋腫核出術(開腹)と子宮全摘術の両方の症例が含まれます。
当院では、より体に負担の少ない腹腔鏡による筋腫核出術も行なっています。また、子宮の内腔に出来た筋腫に対しては、子宮鏡による切除を行なっています。(なお、これらは別のDPC分類になります。)
その他、当院では子宮頚部の異型性上皮や上皮内癌(0期の癌)に対するレーザー円錐切除術も非常に多く行なわれております。 子宮頚部のレーザー円錐切除術を行なった症例は、診療報酬を算定する場合には、「短期滞在手術等基本料3」というものに該当するのですが、本集計においては対象外とされているため、上の表には掲載しておりません。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 60 8.85 8.20 0.00 27.08 ・口蓋扁桃摘出術
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 52 4.46 5.63 0.00 33.83 ・声帯ポリープ
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 43 6.47 5.31 0.00 58.86

1位は慢性扁桃炎に対する扁桃摘出術を行なった症例です。
2位は声帯ポリープや声帯結節に対して、喉頭鏡(内視鏡)による切除術を行なった症例です。通常、全身麻酔で行なわれますが、外来日帰りでの手術も行なっております。
3位は良性発作性頭位めまい症(BPPV)やメニエール病などの末梢性めまいに対して加療を行なった症例です。
その他、慢性副鼻腔炎や鼻中隔弯曲症に対する内視鏡的手術も行なっております。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 40 10.38 8.97 0.00 71.10 ・帯状疱疹パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - - - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - - - -

皮膚科の入院では、疾患数の多い帯状疱疹、蜂窩織炎が主流になりますが、皮膚科手術(悪性腫瘍、良性腫瘍)、薬疹、類天疱瘡などの入院治療も行なっております。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 50 1.76 2.89 0.00 53.74 ・体外衝撃波結石破砕術(1泊)
・体外衝撃波結石破砕術(日帰り)
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 7.05 7.59 0.00 67.09 ・膀胱腫瘍
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 19 10.26 12.60 10.63 73.42

1位は尿路結石(尿管結石や腎結石)に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行なった症例です。ESWLで破砕しきれない場合には、尿管鏡で直視下での破砕手術が行なわれます。また、同じ尿路の結石でも、膀胱結石は硬性腎盂鏡下で破砕・摘出します。
2位は膀胱癌に対して経尿道的に内視鏡(膀胱鏡)下で電気メスによる腫瘍切除を行なっています。
3位は急性腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症です。
その他、前立腺癌診断のための前立腺生検や中高年女性の腹圧性尿失禁に対する TOT手術という安全性の高い手術を行なっています。なお、前立腺生検を行なった症例は、診療報酬を算定する場合には、「短期滞在手術等基本料3」というものに該当するのですが、本集計においては対象外とされているため、上の表には掲載しておりません。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 29 14.48 18.08 10.34 71.21
030390xx970xxx 顔面神経障害 手術あり 手術・処置等1なし 27 13.48 11.90 0.00 50.37 ・微小血管減圧術(顔面麻痺)
010120xx01xxxx 特発性(単)ニューロパチー 三叉神経節後線維切截術等 20 18.80 14.97 5.00 62.35

脳梗塞の治療は、強力な血栓溶解剤である t-PA が認可されて以降大きく変わりました。当院は t-PA 治療の施設基準をいち早く満たして、脳梗塞急性期治療も多く行なっています。さらに、カテーテルを使用した脳血栓回収療法など最新の治療を大学病院と連携して行なっています。もちろん、従来の一般的な脳梗塞治療も数多く行なっています。
また、片側顔面痙攣や三叉神経痛に対する微小血管減圧術を多く施行しています。(2位と3位の症例)
この領域の世界的権威である田草川豊医師は、現在までに 4,400例以上の手術を行なっており、術後に「普通の生活に戻れた」という多くの患者さんの声が届いています。
当院脳神経外科は、2名の指導医、2名の専門医の4名が常勤医として診断治療に携わっていますので、どんな相談にも真摯にお答えいたします。


呼吸器・乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 11 13.09 13.03 0.00 69.73
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 10 9.40 11.63 0.00 62.40 ・乳房切除術
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし - - - - -

当科は呼吸器・乳腺・甲状腺疾患、具体的には肺癌、乳癌、甲状腺癌の外科治療を中心に診療を行なっています。肺癌に関しては呼吸器内科と連携して術前診断を進め、手術適応あれば速やかに外科切除を行なっています。また低侵襲の胸腔鏡下切除も積極的に行なっています。
乳癌、甲状腺癌に対しては当科受診当日に超音波等の画像診断を行ない、悪性が疑われた場合には直ちに穿刺細胞針ないし針生検を行ない、1週間後には確定診断を得られる体制をとっています。少しでも疑いがある場合は早めの受診をお勧めします。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類基準(※) 版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 38 13 - - - 13 1 7
大腸癌 19 32 18 26 12 63 1 7
乳癌 - - - - - 12 1 7
肺癌 - - - 36 19 32 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌について、初発の場合は進行度(ステージ)ごとの患者数を、再発の場合は2015年度に治療を行なった患者数を集計しています。患者数はいずれも延患者数です。10例未満のものは ‐ (ハイフン)の表示としました。
初発患者さんの進行度(ステージ)判定には、治療前に得られた情報に基づいて、UICC(国際対がん連合)によるTNM病期分類第7版を使用して行なっています。(病理結果等を含めた最終的なステージ判定とは異なります。)
‐ (ハイフン)の表示となっている10例未満のものを含めた当院の症例数は、以下の様になっています。
胃癌:76例 大腸癌:181例 乳癌:33例 肺癌:100例 肝癌:11例
当院では大腸癌が最も多く、次いで肺癌、胃癌の順になります。
早期の患者さんには内視鏡や腹腔鏡による切除を行なっているほか、進行・再発癌の患者さんに対する化学療法や緩和医療にも力を入れています。
また、当院では血液腫瘍性疾患(悪性リンパ腫等)にも力を入れており、昨年度の実績は170例でした。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度0 22 6.73 46.77
重症度1 36 12.33 77.42
重症度2 24 16.96 82.92
重症度3 12 27.42 86.00
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -

成人の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しました。なお、患者数が10例未満のものは ‐ (ハイフン)の表示としています。
重症度は成人市中肺炎ガイドラインによるA-DROPスコアを用いています。
当院では、重症度が中等症(重症度が1または2)の患者さんを中心として、重症(重症度3以上)な患者さんまで幅広く診ております。
重症度が上がるほど、平均在院日数や平均年齢が上がることがわかります。
高齢者に多い誤嚥性肺炎は、この集計には入っておりませんが、当院では121例の診療実績があります。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 52 25.27 73.15 16.42%
その他 15 26.20 75.40 4.48%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明

脳梗塞の治療は、強力な血栓溶解剤である t-PA が認可されて以降大きく変わりました。当院は t-PA 治療の施設基準をいち早く満たして、脳梗塞急性期治療も多く行なっています。さらに、カテーテルを使用した脳血栓回収療法など最新の治療を大学病院と連携して行なっています。もちろん、従来の一般的な脳梗塞治療も数多く行なっております。 転院率が16%程度ありますが、リハビリ継続目的での転院が多くなっています。
(参考) 上の表は、ICD10 (WHOによる国際疾病分類) による脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。それぞれ発症日から3日以内とその他に分けて表示しています。また、10例未満のものは ‐ (ハイフン)の表示としました。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

総合内科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 29 9.17 17.86 3.45 75.21
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20 20.50 28.85 10.00 80.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)

1位・2位ともに、中心静脈注射を長期にわたり行なうため、ポートという装置を皮下に埋め込む手技です。ポートを埋め込むことにより、感染のリスクを抑えています。
中心静脈注射というのは、中心静脈という心臓につながる太い静脈にカテーテル(細い管)を介して体外から薬剤や栄養液を注入する方法です。
1位の「抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)」は、悪性腫瘍に対して抗腫瘍薬を注入するための手技で、当科では悪性リンパ腫などの血液腫瘍性疾患や進行した肺癌などの患者さんに対して行われます。
2位の「中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)」は、口から食事ができなくなった患者さんに対して、中心静脈から高カロリーの栄養液を注入することにより栄養補給する方法です。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 68 0.41 2.63 0.00 71.44
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 5.95 10.47 0.00 79.42 ・ペースメーカー植え込み術(前日)
・ペースメーカー植え込み術(当日)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 14 0.64 2.71 0.00 75.29

経皮的冠動脈ステント留置術は、狭心症や心筋梗塞で冠動脈に狭窄がある時に、冠動脈を拡張し、ステントという網目状の筒を留置する治療です。
ペースメーカー移植術は、洞不全症候群や完全房室ブロック等の徐脈性不整脈(脈拍数が減少する不整脈)に対して行ないます。
四肢の血管拡張術・血栓除去術は閉塞性動脈硬化症という下肢の動脈の狭窄に対してのカテーテル治療です。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 128 0.42 1.89 0.00 65.02
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 65 0.43 2.57 0.00 69.37
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 32 1.47 4.75 0.00 68.56

1位は主に大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)。
2位は同じく大腸ポリープに対する内視鏡的切除術(ポリペクトミー)であり、大腸ポリープに対する内視鏡的治療が最も多くなっています。
3位は、早期の大腸癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)です。当科では、早期の胃癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も行なっており、大腸ポリープだけではなく、早期の大腸癌・胃癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)にも力を入れております。
その他、総胆管結石や膵癌等による悪性胆道狭窄に対する内視鏡的胆道ステント留置術や消化管(胃・十二指腸・大腸など)出血に対する内視鏡的消化管止血術、胃・十二指腸及び大腸悪性狭窄に対する消化管ステント留置術などを行なっております。


消化器外科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 68 1.53 2.75 0.00 67.43 ・ソケイヘルニア
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 2.95 3.15 0.00 58.53 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 45 1.16 2.36 0.00 59.49 ・ソケイヘルニア

消化器外科の手術として多かったのは、鼠径ヘルニアに対する手術(開腹・腹腔鏡)と胆石・胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術でした。腹腔鏡下胆嚢摘出術では、さらなる低侵襲を目指して単孔式腹腔鏡下手術(SILS)を導入し、患者さんから好評をいただいております。鼠径ヘルニアに対しても適応に応じて腹腔鏡下に手術を施行しています。
上記の手術以外では、大腸癌や虫垂炎に対する腹腔鏡下での切除術が多くなっています。
その他、胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術や、早期食道癌に対する手術室全身麻酔下での内視鏡的粘膜下層剥離術等も行なっています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝)(股) 149 4.10 38.36 0.67 73.40 ・人工膝関節全置換術
・人工股関節全置換術
K0461 骨折観血的手術(大腿)(上腕) 80 3.35 40.09 3.75 79.45
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕) 61 2.26 17.26 0.00 58.80

Kコードというのは診療報酬上の手術分類番号なのですが、表を見ていただくと分かるように、例えば人工関節置換術であれば、膝に対する手術も股関節に対する手術も同じ分類番号(K0821)で集計されてしまいます。
このコメント欄では、手術部位を区別した上で、整形外科の手術件数上位5つまでを公表します。(なお、この集計では1回の入院中に複数の手術が行なわれていても、主たる手術を1件のみ数える方式になっているため、各手術そのものの件数とは異なります。) 人工関節置換術(膝):95件、骨折観血的手術(大腿):62件、人工関節置換術(股):54件、椎弓切除術:43件、人工骨頭挿入術(股):37件  整形外科では、変形性膝関節症や股関節症に対する人工関節置換術や、高齢者に多い大腿骨頚部骨折に対する手術(骨折観血的手術(大腿)、人工骨頭挿入術(股))が多くなっています。
また、脊椎に対する手術も得意としており、主に腰椎の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアに対して、椎弓切除術の他、脊椎固定術や椎間板摘出術(内視鏡手術を含む)等を行なっております。近年の技術の進歩により、手術による侵襲性も低減されてきています。
その他、膝関節の半月板損傷や靭帯断裂に対する関節鏡下手術も行なっており、整形外科領域の幅広い手術に対応できる体制を築いています。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 97 1.21 4.92 0.00 35.73 ・腹腔鏡下術
K867 子宮頸部(腟部)切除術 92 1.27 1.03 0.00 37.65 ・円錐切除術
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 50 4.82 8.00 0.00 33.98

1位は卵巣子宮内膜症性嚢胞や良性卵巣腫瘍に対する「子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)」、2位は子宮頚部異形成上皮や初期の子宮頚癌(0期)に対する子宮頸部(腟部)切除術(レーザー円錐切除術)、3位は選択的帝王切開術となっています。帝王切開術は緊急帝王切開にも対応しております。
これらに続いて多く行なわれているのは、子宮筋腫に対する手術です。腹腔鏡による子宮筋腫核出術の他、子宮内腔に発生した筋腫に対しては、子宮鏡により開腹をしない手術を行なっています。患者さんの病状等によっては、開腹による子宮筋腫核出術や子宮全摘術が適応になる場合もあります。
その他、子宮鏡による子宮内膜ポリープ切除術や、子宮内膜掻爬術、流産手術(妊娠11週まで)などもよく行なわれており、産婦人科系の良性疾患を中心に幅広く対応しております。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 405 0.09 1.40 0.00 74.55 ・白内障当日入院手術(片眼)1泊
・白内障当日入院手術(両眼)2泊
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)

・当院の眼科では白内障手術を得意としています。
・両眼手術は2泊3日、片眼手術は1泊2日で行なっています。
・安全で水準の高い手術技術・手術環境を整えています。
・患者さんの要望に対応できる柔軟な入院期間を考慮しています。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 74 1.26 6.64 0.00 24.92 ・口蓋扁桃摘出術
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 54 1.06 2.63 0.00 34.30 ・声帯ポリープ
K347 鼻中隔矯正術 16 1.44 5.31 0.00 41.00

耳鼻科の手術として多かったのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出手術、喉頭鏡による声帯ポリープ切除術(声帯結節を含みます)、鼻中隔弯曲症に対する鼻中隔矯正術(内視鏡)の順でした。
これ以外にも、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡的手術等を行なっております。当院の内視鏡的副鼻腔手術機器は最新式器機(Medtronic社XPC3000)により確実で痛みの少ない手術を行なうことが出来ます。
その他、耳科手術や頭頚部手術等、幅広く対応しております。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 51 0.31 0.65 0.00 54.16 ・体外衝撃波結石破砕術(1泊)
・体外衝撃波結石破砕術(日帰り)
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 31 1.65 4.42 0.00 68.86 ・膀胱腫瘍
K8232 尿失禁手術(その他) 14 1.00 2.14 0.00 68.86 ・腹圧性尿失禁手術

1位は、尿管結石や腎結石に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、2位は膀胱癌に対する膀胱鏡(内視鏡)を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除術でした。
3位は中高年の女性に多く見られる腹圧性尿失禁に対する手術です。
当院では、経腟的にメッシュテープで尿道を支える TOT手術という安全性の高い手術を行なっています。
当院の泌尿器科は、泌尿器科領域(尿路結石、前立腺癌や膀胱癌など)の疾患に対し、標準的な治療を行なっています。
腹圧性尿失禁を主とした女性泌尿器科疾患にも対応しております。
腹腔鏡手術適応症例については、大学病院やがん拠点病院と連携して紹介制度をとっております。

脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K160-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 47 2.55 12.19 2.13 55.47 ・(脳)微小血管減圧術(顔面麻痺)
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 2.94 17.13 6.25 72.00 ・慢性硬膜下血腫(前日)
K1781 脳血管内手術(1箇所)

当科の特徴は2つあります。
ひとつは片側顔面痙攣や三叉神経痛に対する微小血管減圧術を多く施行していることです。この領域の世界的権威である田草川豊医師は、現在までに 4,400例以上の手術を行なっており、術後に「普通の生活に戻れた」という多くの患者さんの声が届いています。
もうひとつは、脳卒中に対する治療は、できる限り低侵襲の方法で行なっていることです。その代表的な治療として、脳血管内治療といって、カテーテルを使って脳動脈瘤の手術をしたり、頚部内頚動脈狭窄症の治療を行なっています。高齢者にも身体の負担が少ないために手術適応が広がっています。 当院脳神経外科は、2名の指導医、2名の専門医の4名が常勤医として診断治療に携わっていますので、どんな相談にも真摯にお答えいたします。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.42%
異なる

重篤な傷病名について、臨床上ゼロにはなりえないのですが、少しでも改善すべきものとして、その症例数と発生率を示しました。
ここでの傷病名は、入院治療の主な対象となった傷病名 (医療資源を最も投入した傷病名と呼びます) のことです。
各傷病名につき、入院の契機となった傷病名と同一であったか異なるかで分けて集計しています。10例未満のものは ‐ (ハイフン)の表示としました。
「180040 手術・処置等の合併症」の内訳は以下のようになっています。 術後出血:13例、人工関節置換術後障害:4例、術後創部感染:4例、その他:5例 傷病名と入院契機病名が同一ということは、入院時から既にその状態であったことを示し、異なる場合はその傷病名が入院中に発生したことを意味しています。

更新履歴

 

 

2016/09/30

 「病院情報の公表」ページ作成